[神戸梅雨入り/梅雨明け2019]期間はいつからいつまで?平年との比較も

スポンサーリンク

神戸は海と山に挟まれた自然あふれる都市です。

 

気候は瀬戸内海に面しており、瀬戸内海式気候で比較温暖な気候です。そして梅雨の降雨量も他とくらべて少ないみたいですね。

今回は「神戸梅雨入り/梅雨明け2019」と題して、2019年神戸の梅雨入りと梅雨明けの期間はいつからいつまでかを調べてみることにしました。

 

神戸の梅雨入りは梅雨明けに関しては、気象庁は近畿地域のデーターを参考にしたいと思います。

 

なので関西・近畿地域の気象庁の最新データーやこれまで平年との比較し、平年の梅雨入り梅雨明けの期間を参考に神戸の梅雨状況を予想・速報としてまとめてみたいと思います。

 

ぜひ、お出かけの際等の参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

神戸の梅雨入り2019期間はいつから?【予想】

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yukiyama0398がシェアした投稿

今年2019年の神戸の梅雨入りを平年との比較で予想していきたいと思います。

気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、関西・近畿地方の最も早い梅雨入りは1956年と2011年の5月22日、最も遅い梅雨入りは、1958年の6月25日でした。

 

梅雨入りの早い年と遅い年では約1か月も差があるということがわかりますね。

 

 

このようにして気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデーターを時期を分布でまとめると…

5月下旬(5/21~5/31)に梅雨入りしたのが11回(全体の16%)
6月上旬(6/1~6/10)に梅雨入りしたのが36回(全体の54%)
6月中旬(6/11~6/20)に梅雨入りしたのが18回(全体の27%)
6月下旬(6/21~6/30)に梅雨入りしたのが2回(全体の3%)

こうしてまとめてみると、6月上旬の梅雨入りの割合が54%と最も高く、次に割合の多い6月中旬の27%。6月下旬に入ってから梅雨入りするケースは、68年間にわずか2度しかなく、まさに稀なケースだと言えます。

 

ちなみに平年時期は6月7日と公表されていました。

 

 

それにプラスして近年の梅雨入り時期を調べてみると

2018年は6月5日
2017年は6月20日
2016年は6月4日
2015年は6月3日
2014年は6月3日が梅雨入りでした。

2017年が6月20日とかなり梅雨入りが遅かったようですが、それ以外の過去5年振り返ると6月3日~5日とだいたい同じ時期になっています。

 

年々梅雨入りの時期が早まっている傾向も考慮して考えると2019年の関西・近畿地方の梅雨入り時期は、

5月29日頃から6月12日頃の間くらいになりそうかなと思います。

 

 

追記
2019年6月26日水曜日、ようやく九州北部と四国、中国、近畿で梅雨入りを発表されました。

 


神戸もやっと6月26日梅雨入りです。

今年2019年最も遅い梅雨入りの記録を更新することになりました。

スポンサーリンク

 

神戸の梅雨明け2019期間はいつまで?【予想】

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆみこさん(@yukoaokoko)がシェアした投稿

今年2019年の神戸の梅雨明けを予想をしたいと思います。

2019年の関西の梅雨明け時期ですが、梅雨入りと同様に気象庁のデータで考えてみますと、最も早い梅雨明けは1978年の7月3日頃で、最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日頃でした。ちょうど1か月の差がありますね。

 

 

このようにして気象庁の1951年~2018年までの過去67年間のデーターを時期を分布でまとめると…

7月上旬(7/1~7/10)に梅雨明けしたのが7回(全体の10%)
7月中旬(7/11~7/20)に梅雨明けしたのが38回(全体の58%)
7月下旬(7/21~7/31)に梅雨明けしたのが21回(全体の31%)
8月上旬(8/1~8/10)に梅雨明けしたのが2回(全体の3%)

梅雨明けは7月11日~7月20日頃が最も多く、7月中旬に梅雨明けした年は38回で58%と半分以上を占めています。

次に多いのは7月21日~7月31日頃の7月下旬で21回で約31%。7月上旬、中順を合計すると89%になります。

 

ちなみに68年間の関東の平年時期は7月21日と公表されていました。これは中旬と下旬の境目である7月18日~22日頃に梅雨明けすることが多いことも意味しているようですね。

 

 

それにプラスして近年の梅雨明け時期を調べてみると…

2018年は7月9日  梅雨期間35日間
2017年は7月13日 梅雨期間24日間
2016年は7月18日 梅雨期間45日間
2015年は7月24日 梅雨期間52日間
2014年は7月20日 梅雨期間48日間

過去の傾向をみていると55日以上の梅雨期間というのは実は過去68年間で3回だけです。そして近畿地方の2014年から2018年の5年間の梅雨期間の平均は41日。ちなみに過去68年間の平均も41日間です。

 

こうして梅雨入り時期や平年時期、梅雨期間が長期化した時も考慮し考えると

2019年の関西・近畿地方の梅雨明け時期は…

7月10日頃から7月24日頃の間くらいになりそうかなと思います。

 

スポンサーリンク

それでは…

実際の神戸の梅雨入り梅雨明けの期間はいつからいつまでなのでしょうか?

神戸の梅雨入り/梅雨明け2019期間はいつからいつまで?【速報】

 

この投稿をInstagramで見る

 

YuKaRiඊさん(@yukar14)がシェアした投稿


気象庁は2019年令和元年の梅雨入り(速報値)は沖縄と奄美地方にて梅雨入りが発表されました(5月20日現在)。

 

奄美地方は、昨年より13日早い5月14日に梅雨入り。

 

沖縄地方は、昨年より16日も早い5月16日に梅雨入りとなりました。

 

そして近畿・関西を通り抜け、北陸、東海、関東甲信越、東北南部まで6月7日に梅雨入りが発表されました。

 

神戸を含む近畿・関西の梅雨入りは6月26日発表されました。

 

 

【神戸梅雨入り】  6 月 26 日

 

【神戸梅雨明け】    月    日

 

2019年神戸梅雨の期間は  6 月 26 日 ~   月   日

 

 

スポンサーリンク

 

[神戸梅雨入り/梅雨明け2019]期間はいつからいつまで?まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

WazzekaTVさん(@wazzekatv)がシェアした投稿

神戸の気候は瀬戸内海式気候と呼ばれ、年間を通じて天気が安定的で、降水量も全国的に見ても少ない方です。

 

その為、どうしても梅雨のように長い雨に慣れていない傾向にあります。

 

雨が続くと旅行や行楽などの計画もそうですが、日常の洗濯まで梅雨時期は色々と支障がきたりするものです。

 

なので2019年梅雨の期間はいつからいつまでかをしっかり把握して計画的に予定を立てていきたいものです。

 

今回は神戸の2019年梅雨の期間はいつからいつまでかを平年を参考に予想、そして速報をまとめさせていただきました。

 

2019年神戸の梅雨入りは6月26日でした。過去最も遅い梅雨入りでしたね。

梅雨入りと同時にしばらくは雨の時期が続くようです。

 

 

・・・・・・

【梅雨でもおしゃれに!雨の日が楽しくなる!】

かわいい総柄プリントのレインブーツです。
お子さんもご機嫌になるかも・・・。

ご興味ある方はこちら↓。