[名古屋梅雨入り/梅雨明け2019]期間はいつからいつまで?平年との比較も

スポンサーリンク

名古屋は東京特別区部を除くと横浜市・大阪市に次ぐ全国第3位の人口を有する市です。中部地方における行政・経済・文化の中枢であり、観光の名所でもあるので、多くの方が名古屋の地に訪れます。

 

ただ梅雨の時期になれば、旅行や行楽にも当然何らかの影響を受けることもありますし、梅雨時期は注意が必要です。

 

なので今回は「名古屋梅雨入り/梅雨明け2019」と題して、2019年名古屋の梅雨入りと梅雨明けの期間はいつからいつまでかを調べてみることにしました。

 

名古屋の梅雨入りは梅雨明けに関しては、気象庁の東海地域のデーターを参考にしたいと思います。

 

なので中部・東海地域の気象庁の最新データーやこれまで平年との比較し、平年の梅雨入り梅雨明けの期間を参考に名古屋の梅雨状況を予想・速報としてまとめてみたいと思います。

 

ぜひ、お出かけの際等の参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

名古屋の梅雨入り2019期間はいつから?【予想】

 

この投稿をInstagramで見る

 

美生活レシピ&日めくりカレンダー ひかりさん(@nhikarin)がシェアした投稿

 

今年2019年の名古屋の梅雨入りを予想をしたいと思います。

気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、中部・東海地方の最も早い梅雨入りは1963年の5月4日ですが、ただこの年は過去を見渡しても5月初めに梅雨入りというケースは珍しく、少し異例のようにも思います。

 

なので1963年を除くと1956年と2011年の5月22日が早い梅雨入りです。

 

逆に最も遅い梅雨入りは、1951年の6月28日でした。

 

だいたい1か月以上の差がありますね。

 

 

このようにして気象庁の1951年~2018年までの過去67年間のデーターを時期を分布でまとめると…

5月上旬(5/1~5/10)に梅雨入りしたのが1回(全体の1%)
5月中旬(5/11~5/20)に梅雨入りしたのが0回(全体の0%)
5月下旬(5/21~5/31)に梅雨入りしたのが8回(全体の12%)
6月上旬(6/1~6/10)に梅雨入りしたのが34回(全体の50%)
6月中旬(6/11~6/20)に梅雨入りしたのが18回(全体の26%)
6月下旬(5/21~6/30)に梅雨入りしたのが7回(全体の10%)

となっており、東海地方では6月1日~6月10日頃の梅雨入りが全体の50%と最も多いことがわかりますね。

その次は6月11日~20日が全体の26%です。ちなみに平年時期は6月8日と公表されていました。

 

 

それにプラスして近年の梅雨入り時期を調べてみると…

2018年6月 5日
2017年6月21日
2016年6月 4日
2015年6月 3日
2014年6月 4日が梅雨入りでした。

2017年が6月21日とかなり梅雨入りが遅かったようですが、それ以外の過去5年振り返ると6月3日~5日とだいたい同じ時期になっています。

 

年々梅雨入りの時期が早まっている傾向も考慮して考えると2019年の名古屋(中部・東海地方)の梅雨入り時期は、

6月1日頃から6月13日頃の間くらいになりそうかなと思います。

 

スポンサーリンク

名古屋の梅雨明け2019期間はいつまで?【予想】

 

この投稿をInstagramで見る

 

kokodamaさん(@melody.and.hope)がシェアした投稿

 

今年2019年の名古屋の梅雨明けを予想をしたいと思います。

2019年の名古屋の梅雨明け時期ですが、梅雨入りと同様に気象庁のデータで考えてみますと、最も早い梅雨明けは1963年の6月22日ですが、この年は梅雨入りも早く他の年に比べて少し異例の年のように思われます。

 

次に早い梅雨明け時期は2001年の7月2日でした。逆に最も遅い梅雨明けは2009年の8月3日でした。

 

やはり1か月くらいの差がありますね。

 

 

このようにして気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデーターを時期を分布でまとめると…

6月下旬(5/21~6/30)に梅雨明けしたのが1回(全体の1%)
7月上旬(7/1~7/10)に梅雨明けしたのが7回(全体の10%)
7月中旬(7/11~7/20)に梅雨明けしたのが34回(全体の50%)
7月下旬(7/21~7/31)に梅雨明けしたのが24回(全体の35%)
8月上旬(8/1~8/10)に梅雨明けしたのが2回(全体の3%)

7月中旬(7/11~7/20)に梅雨明けしたのは34回で50%と最も多いことがわかります。ついで7月下旬(7/21~7/31)に梅雨明けしたのが24回(全体の35%)が割合としては多く、7月中旬、下旬を合わせると85%とこの期間に梅雨明けしている割合が大半を占めています。

 

ちなみに平年時期は7月21日と公表されていました。これは中旬と下旬の境目である7月18日~22日頃に梅雨明けすることが多いことも意味しているようですね。

 

それにプラスして近年の梅雨明け時期を調べてみると…

2018年は7月 9日  梅雨期間35日間
2017年は7月15日   梅雨期間25日間
2016年は7月28日     梅雨期間55日間
2015年は7月24日   梅雨期間52日間
2014年は7月21日     梅雨期間48日間

直近の5年間をみると2016年が梅雨期間が55日と長期化していますが、しかし過去の傾向をみていると55日以上の梅雨期間というのは実は過去68年間で3回だけです。2014年から2018年の5年間の梅雨期間の平均は43日。
ちなみに過去68年間の平均は41日間です。ここ5年間は平均より2日多い感じですね。

 

こうして梅雨入り時期や平年時期、梅雨期間が長期化した時も考慮し考えると

2019年の名古屋(中部・東海地方)の梅雨明け時期は、
7月10日頃から7月24日頃の間くらいになりそうかなと思います。

 

スポンサーリンク

それでは…
実際の名古屋の梅雨入り梅雨明けの期間はいつからいつまでなのでしょうか?

名古屋の梅雨入り/梅雨明け2019期間はいつからいつまで?【速報】

 

この投稿をInstagramで見る

 

etsuさん(@etsuba)がシェアした投稿

気象庁は2019年令和元年の梅雨入り(速報値)は沖縄と奄美地方にて梅雨入りが発表されました(5月20日現在)。

 

奄美地方は、昨年より13日早い5月14日に梅雨入り。

 

沖縄地方は、昨年より16日も早い5月16日に梅雨入りとなりました。

 

そして2019年

名古屋の梅雨入りは6月7日でした。

梅雨明けは
わかり次第、速報としてこちらに追記させていただきます。

 

【名古屋梅雨入り】   6 月  7 日

 

【名古屋梅雨明け】     月    日

 

2019年名古屋梅雨の期間は  6 月 7 日 ~  月   日

 

スポンサーリンク

 

[名古屋梅雨入り/梅雨明け2019]期間はいつからいつまで?まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

108_yuni_bulledesavonさん(@108_kagurazaka)がシェアした投稿

名古屋は中部・東海地方で一番の大都市でもあり、商業の中心地となっていますので観光地としても有名です。なので、梅雨時期とは言え、この時期に観光で訪れる方方も多いことだと思われます。

 

雨が続くと旅行や行楽などにも影響しますし、そこに暮らしている方にとっても日常の洗濯までも梅雨時期は色々と支障がきたりするものです。

 

なので梅雨は今年はいつからいつまでかを把握する方がいいかもしれません。

 

今回名古屋の2019年梅雨の期間はいつからいつまでかを平年を参考に予想、そして速報をまとめさせていただきました。

 

お出かけ等の参考にしていただければありがたいです。

 

 

・・・・・・

【梅雨でもおしゃれに!雨の日が楽しくなる!】

かわいい総柄プリントのレインブーツです。
お子さんもご機嫌になるかも・・・。

ご興味ある方はこちら↓。