[東京梅雨入り/梅雨明け2019]期間はいつからいつまで?平年との比較も

スポンサーリンク

東京は都市機能が発達している為、公共交通機関も発達していますが、その分天気の影響を受けやすいです。

 

梅雨の時期になれば、旅行や行楽にも当然何らかの影響を受けることもありますし、梅雨時期は注意が必要です。

 

そんな東京の梅雨時期を考えるために今回は「東京梅雨入り/梅雨明け2019」と題して、2019年東京の梅雨入りと梅雨明けの期間はいつからいつまでかを調べてみることにしました。

 

東京の梅雨入りは梅雨明けに関しては、気象庁の関東甲信地域データーを参考にしたいと思います。

 

なので関東甲信地域の気象庁の最新データーやこれまで平年との比較し、平年の梅雨入り梅雨明けの期間を参考に東京の梅雨状況を予想・速報としてまとめてみたいと思います。

 

ぜひ梅雨時期、お出かけの際等の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

東京の梅雨入り2019期間はいつから?【予想】

 

この投稿をInstagramで見る

 

ホワイトニングラボ【自由が丘】さん(@whiteninglabo.jg)がシェアした投稿

 

今年2019年の東京の梅雨入りを予想をしたいと思います。

気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデータによると、関東甲信地方の最も早い梅雨入りは1963年の5月6日ですが、ただこの年は過去見渡しても5月初めに梅雨入りというケースはほとんどなく、少し異例のようにも思います。

 

よってその1963年を除くと早い梅雨入りは、2011年5月27日、2008年5月29日、1993年5月30日と続きます。

 

逆に最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日でした。

 

だいたい1か月以上の差がありますね。

 

 

このようにして気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデーターを時期を分布でまとめると…

5月上旬(5/1~5/10)に梅雨入りしたのが1回(全体の1%)
5月中旬(5/11~5/20)に梅雨入りしたのが0回(全体の0%)
5月下旬(5/21~5/31)に梅雨入りしたのが4回(全体の6%)
6月上旬(6/1~6/10)に梅雨入りしたのが42回(全体の62%)
6月中旬(6/11~6/20)に梅雨入りしたのが19回(全体の28%)
6月下旬(5/21~6/30)に梅雨入りしたのが2回(全体の3%)

となっており、関東甲信地方では6月1日~6月10日の梅雨入りが全体の62%と最も多いことがわかりますね。その次は、6月11日~20日が全体の28%です。6月1日~20日で90%です。ちなみに平年時期は6月8日と公表されていました。

 

 

それにプラスして近年の梅雨入り時期を調べてみると…

2018年は6月 6日
2017年は6月 7日
2016年は6月 5日
2015年は6月 3日
2014年は6月 5日が梅雨入りでした。

過去5年振り返ると6月3日~7日と6月上旬にかたまっています。

 

年々梅雨入りの時期が早まっている傾向も考慮して考えると2019年の関東甲信地方の梅雨入り時期は、
6月1日頃から6月13日頃の間くらいになりそうかなと思います。

 

最後に6月初めにウェザーニュースで予想された梅雨入りの予想です↓。


今年も平年並み6月7日頃との予想でした。

 

スポンサーリンク

 

東京の梅雨明け2019期間はいつまで?【予想】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Issonさん(@isson21)がシェアした投稿

 

今年2019年の東京の梅雨明けを予想をしたいと思います。

2019年の東京の梅雨明け時期ですが、梅雨入りと同様に気象庁のデータで考えてみますと、最も早い梅雨明けは実は昨年2018年の6月29日頃でした。6月中に梅雨明けなのは過去に例がなく、次に早い梅雨明け時期で2001年の7月1日でした。逆に最も遅い梅雨明けは1982年の8月4日でした。1か月くらいの差がありますね。

 

 

このようにして気象庁の1951年~2018年までの過去68年間のデーターを時期を分布でまとめると…

6月下旬(5/21~6/30)に梅雨明けしたのが1回(全体の1%)
7月上旬(7/1~7/10)に梅雨明けしたのが11回(全体の16%)
7月中旬(7/11~7/20)に梅雨明けしたのが27回(全体の40%)
7月下旬(7/21~7/31)に梅雨明けしたのが25回(全体の37%)
8月上旬(8/1~8/10)に梅雨明けしたのが4回(全体の6%)

7月中旬(7/11~7/20)の梅雨明けの割合が40%と最も高く、次に割合の多い7月下旬(7/21~7/31)の37%です。

すると7月中・下旬と合わせると77%と約8割にもなります。

 

ちなみに68年間の関東の平年時期は7月21日と公表されていました。これは中旬と下旬の境目である7月18日~22日頃に梅雨明けすることが多いことも意味しているようですね。

 

それにプラスして近年の梅雨明け時期を調べてみると…

2018年は6月29日 梅雨期間24日
2017年は7月 6日  梅雨期間30日
2016年は7月29日 梅雨期間54日
2015年は7月10日 梅雨時期38日
2014年は7月21日 梅雨時期46日

直近の5年間をみると2016年が梅雨期間が54日と長期化していますが、しかし過去の傾向をみていると55日以上の梅雨期間というのは実は過去68年間で3回だけです。2014年から2018年の5年間の梅雨期間の平均は38日。

ちなみに過去68年間の平均は41日間です。

 

こうして梅雨入り時期や平年時期、梅雨期間が長期化した時も考慮し考えると

2019年の関東甲信地方の梅雨明け時期は、
7月11日頃から7月25日頃の間くらいになりそうかなと思います。

 

スポンサーリンク

それでは…
実際の東京周辺の梅雨入り梅雨明けの期間はいつからいつまでなのでしょうか?

東京の梅雨入り/梅雨明け2019期間はいつからいつまで?【速報】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tsubakiさん(@make_it03)がシェアした投稿

気象庁は2019年令和元年の梅雨入り(速報値)は沖縄と奄美地方にて梅雨入りが発表されました(5月20日現在)。

 

奄美地方は、昨年より13日早い5月14日に梅雨入り。

 

沖縄地方は、昨年より16日も早い5月16日に梅雨入りとなりました。

 

そして2019年

東京の梅雨入り、梅雨明けは6月7日金曜日でした。

梅雨明けは
わかり次第、速報としてこちらに追記させていただきます。

 

【東京梅雨入り】  6 月 7 日

【東京梅雨明け】    月   日

 

2019年東京梅雨の期間は  6 月 7 日 ~  月   日

 

スポンサーリンク

[東京梅雨入り/梅雨明け2019]期間はいつからいつまで?まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

aasaaさん(@aaasaaa_life)がシェアした投稿

梅雨の時期にでも東京に観光に行かれることもあると思います。

 

雨が続くと旅行や行楽などにも当然影響しますし、そこに暮らしている方にとっても日常の洗濯までも梅雨時期は色々と支障がきたりするものです。

 

なので梅雨は今年はいつからいつまでかを把握する方がいいかもしれません。

 

今回は東京の2019年梅雨の期間はいつからいつまでかを平年を参考に予想、そして速報をまとめさせていただきました。

 

お出かけ等の参考にしていただければありがたいです。

 

・・・・・・

【梅雨でもおしゃれに!雨の日が楽しくなる!】

かわいい総柄プリントのレインブーツです。
お子さんもご機嫌になるかも・・・。

ご興味ある方はこちら↓。