横山茜(きさらぎ亭)経歴は?店の経緯/場所は?おすすめメニュー画像も

スポンサーリンク

東京・桜新町の小さな食堂「きさらぎ亭」の2代目店主、横山茜さん。

 

今回『セブンルール(フジテレビ系)』で登場します。

 

『セブンルール』で取り上げられる「きさらぎ亭」は、一見どこでもありあそうな食堂ですが、創業から42年経っても変わらない味に常連客も増えているようです。

 

そんな「きさらぎ亭」2代目店主、横山茜さんはがどんな経歴なんでしょうか?

 

またこの「きさらぎ亭」は一度閉店され、再び東京・桜新町でオープンされたということですが…

 

店の経緯や現在のお店の場所、そしておすすめメニューも気になります。

 

そこで今回は横山茜さんの経歴と「きさらぎ亭」店の経緯や場所のおすすめメニューを調査しまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

横山茜(きさらぎ亭2代目)のプロフィールと経歴

 

View this post on Instagram

 

micomama(yoga instructor)さん(@micomama_liz)がシェアした投稿


写真の右から2番目の方が横山茜さんです。

 

横山茜さんの右側にいる方が旦那さんで、左側にいる方がお母さん。

 

今回横山茜さんの画像を色々と探してみましたが、ほとんど公表されているものはありませんでした。

名前:横山 茜(よこやま あかね)
生年月日:不明
年齢:40代
出身:東京都
学歴:大阪芸術大学

横山茜さんは高校卒業後に大阪芸術大学に進学されます。

 

芸術大の中で大阪芸術大学を選ばれた理由はわかりませんが、実家から離れて何かしたいと感じていたのかもしれませんね。

 

卒業後は絵画モデルとして働きながら20年間ほど大阪で暮らしていました。

 

ところが2011年(平成23年)3月11日、東日本大震災を機に東京に戻ることを決意。

 

4年前から家族(夫と9歳の息子)で実家「きさらぎ亭」近くに戻ります。

 

 

きさらぎ亭の経緯

1977年(昭和52年)12月から東京にある東急田園都市線の桜新町で開業し、40年間同じ風貌で営業を続けてきました。

 

開業当時の桜新町は、まだ工場が多い地域で、多くの職工さんたちの胃袋を支える食堂としてスタートしました。

 

 

こちらが1代目の店主↓。横山茜さんのお父さんです。

 

お父さんは若い頃に通ったボリュームがあって、美味しくて、メニューが豊富で、お手頃価格の渋谷にあった食堂を真似て作ったようです。

 

多くの職工さんだけでなく、日本体育大学や、東京農業大学、駒澤大学も近くにあり、お昼や学校終わりの夕暮れ時には、学生さんたちでにぎわいます。

 

日本昔ばなしに出てくるような大盛りのご飯も、食べ盛りの学生さんに人気です。

 

View this post on Instagram

 

tetsuro yoshimuraさん(@tetsuroyoshimura)がシェアした投稿

美味しいものを、ボリュームたっぷり、お手頃価格で提供して、満腹・満足・笑顔で「ごちそうさま」と言ってもらえるお店なんですよね。

 

しかも夜も日曜祝日以外は、22時まで営業しています。

 

そんな「きさらぎ亭」ですが、入居している建物の老朽化から2017年10月半ばの退居が決まりました。

 

移転をしなければならないとなった時、ずっと愛され続けてきた桜新町で続けたいという思いと、40年間変わらないスタイルで継続してきた「きさらぎ亭」を無くしてほしくないという声も多数あり、クラウドファンディングをスタート。

 

わずか1週間で目標額80万円を達成し、最終的には200万円近くの支援が集まりました。

 

 

2017年10月25日閉店。

 

まだこの時まではお父さんが店主だったのでしょうか・・・。最後の最後まで店を切り盛りします。

 

 

そして移転先の場所が決まりました。

 

2018年2月8日そしてオープンです。

 

スポンサーリンク

横山茜のきさらぎ亭の場所

 

View this post on Instagram

 

@shinya881がシェアした投稿

 

世田谷区桜新町1-40-10

 

 

 

【営業時間】昼11時〜16時、夜17時〜22時

【定休日】日曜・祝日

横山茜のきさらぎ亭おすすめメニューは?

とにかくおいしそうな料理の数々です。

評判を確認しながらおすすめの料理を紹介したいと思います。

 

トリオ定食

 

View this post on Instagram

 

Hiratsuka Noritakaさん(@tsukamon_akg)がシェアした投稿

トリオ定食950円。ハンバーグ、クリームフライ、コロッケ3種類楽しめます。

 

エビクリームフライ定食

 

View this post on Instagram

 

SZWさん(@szwdisk)がシェアした投稿

エビクリームフライ3本入って950円。、エビの廻りにクリームたっぷり付きで揚げてあり、なんだかお得な気分。大人気です。

 

天ぷら定食

 

View this post on Instagram

 

きさらぎ亭さん(@kisaragitei)がシェアした投稿

天ぷら定食。990円。定食としては一番高いとはいえ、エビ2尾、イカ、ナス、シイタケ、ピーマンとボリューム大。

 

サバの塩焼き定食

 

View this post on Instagram

 

きさらぎ亭さん(@kisaragitei)がシェアした投稿

サバ味噌を抑えて人気メニューのサバの塩焼き定食。820円。

 

サバ味噌煮定食

 

View this post on Instagram

 

Masamitsu Tsukadaさん(@masamitsukada)がシェアした投稿

昔の定番サバ味噌煮定食790円。とにかく安い。そして早い。

 

チキンカツ定食

 

View this post on Instagram

 

OSAM GREEN GIANTさん(@osam_greengiant)がシェアした投稿

チキンカツ定食。900円。学生さんはとにかくガッツリ食べるのはこれでしょうね。

 

 

…こうやってみていると、本当に食べたくなりますね。

 

サバ味噌煮等の家庭的な味に、ご飯もおかずもおなか一杯になる。

 

まさに家庭的な味と、たっぷりなボリュームを兼ね備えた「きさらぎ亭」の料理なんですよね。

 

そして値段が1000円を切るという手頃さ。人気にあるのがわかります。

 

スポンサーリンク

横山茜(きさらぎ亭)経歴は?店の経緯/場所は?おすすめメニューのまとめ

東京・桜新町の小さな食堂「きさらぎ亭」の2代目店主、横山茜さんが5月14日の『セブンルール(フジテレビ系)』に登場します。

 

 

今回は「きさらぎ亭」2代目店主横山茜さんの経歴や店の経緯や場所、そしておすすめメニューについて調べまとめてみました。

 

「きさらぎ亭」は、創業から42年経っても変わらない味。でも「きさらぎ亭」の一番の魅力は、単に味だけではなく、お客さんがまるで実家のように、ふらっと帰ってこれる雰囲気をもっていること。

 

単におなかを満たすだけでなく、まるで心も満たしてくれるのが「きさらぎ亭」なのかもしれませんね。

 

2代目横山茜さんもこの魅力を大切に引き継いでいってくれることだと思います。

 

スポンサーリンク