[マツコ会議]コミックエッセイ!さーたり/卯野たまご/小林潤奈/お柿を調査!

スポンサーリンク

2月2日の『マツコ会議(日本テレビ系)』でコミックエッセイの現場に侵入します。

 

今回の『マツコ会議』ではさーたりさん、卯野たまごさん、小林潤奈さん、お柿さんが紹介されます。

 

現在、コミックエッセイはとても人気ありますね。『マツコ会議』では崖っぷち作家と厳しく紹介され、今回はそんなコミックエッセイ作家のさーたりさん、卯野たまごさん、小林潤奈さん、お柿さんを調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

[マツコ会議]で紹介されたコミックエッセイとは?

コミックエッセイとは正確にはコミック漫画とも呼ばれています。

 

普通の漫画と違う『作者の体験をベースにしたコミック』と一般的に言われています。

 

作品の内容は基本的にノンフィクションですが、エッセイ漫画の体裁を用いたフィクションである作品や、基本はノンフィクションですが、創作を織り交ぜて虚実を曖昧にして描かれる作品もあります。

 

さーたり [マツコ会議]コミックエッセイ!

さーたりさんはご自身がお医者さんなんだそうです!

 

コミックエッセイを自身が描くことで、医者になろうとする人が増えればいいなと思って始めたそうですが、あまりにも

 

リアルに描きすぎてしまい、「こんなんで医者になる人がいるかあ?」と言われたさーたりさん。

 

 

インスタでも自身の漫画を公表しています↓。

 

View this post on Instagram

 

さーたりさん(@gogofujoy)がシェアした投稿

外科医ゆえにおもしろいエッセイ多数です。

 


面白いですよね。

これはさーたりさんだからこそ描ける技であり、楽しく見ることが出来ます。

 

 

 

そんな外科医のさーたりさんのリアルでおかしなコミックがこちらです↓。

楽天でも購入できますよ↓。

スポンサーリンク

卯野たまご [マツコ会議]コミックエッセイ!

 

View this post on Instagram

 

卯野たまごさん(@unotamago)がシェアした投稿

 

卯野たまごさんは、19歳のときにベテラン占い師(のちに師匠となる“おじい”)にスカウトされて、路上で手相占いを始められたそうです。

 

今までの人間不信だった暮らしが一変し、人の人生に深く寄り添うようになり、12年間の修業期間中はおよそ2000人を無料で占い、その後長年の夢だったマンガ家の夢を叶え、マンガ家兼たまに占い師として暮らされているようです。

卯野たまごさんについては、今回の『マツコ会議』では成功者サイドで紹介されています。

 

とっても悲惨な状況の中で5年間頑張ってきたようです。

 

それでも卯野たまごさんは自分が賞をとれないことはないと思い込んで頑張り続けたみたいです。

 

根拠のない自信があったようです。

 

それが最終的にコミックエッセイストとして成功されたようですね。

 

 

 

↓本は楽天でも購入できます。

スポンサーリンク

小林潤奈 [マツコ会議]コミックエッセイ!

 

View this post on Instagram

 

いまトピさん(@ima_topics)がシェアした投稿

 

 

View this post on Instagram

 

いまトピさん(@ima_topics)がシェアした投稿

 

 

View this post on Instagram

 

いまトピさん(@ima_topics)がシェアした投稿


ぽっちゃりなのを明るくエッセイされている小林潤奈さんです!

 

1995年、愛知県生まれ。2016年からTwitterでまんが「小林姉妹」の配信をスタートされます。

 

2017年に念願の漫画家デビューを果たし連載をスタートするも、3か月で打ち切りになります。

 

その後、Instagramでまんがをほぼ毎日更新。その後半年でフォロワー5.2万人を突破します。

 

ただ今2冊目の壁にぶち当たりマツコさんにまじめなアドバイス受けます。

 

ほんわかエピソードだけでなく、自分の中にある悪意とかを探ってみようと・・・。
マツコさんナイスアドバイスをされます。

 

素直にマツコさんの話を聞く、打たれ弱い小林潤奈さんです。

 

 

 

楽天でも購入できます↓。

スポンサーリンク

お柿 [マツコ会議]コミックエッセイ!

 

View this post on Instagram

 

お柿さん(@okaki_yade)がシェアした投稿


お柿さんは食品仲卸会社での営業事務されていたようです。

2018年職業訓練校webクリエーター科受講されたようです。

 

そんなお柿さんは「おしりのなやみ」という、ご自身の痔の悩みという結構珍しいテーマのマンガを描いています。

 

気になる人は気になりますが、少し狭いジャンルなので今はまだコミック化されていないみたいです。

厳しいですねえ。

スポンサーリンク

[マツコ会議]コミックエッセイ!のまとめ


2月2日の『マツコ会議』ではコミックエッセイ編集部に侵入され、今流行っているSNS漫画家を紹介されます。

崖っぷち漫画家とまで言われながらも、みなさん自身のエッセイを広く表現して人気を得ています。

今回はコミックエッセイ!さーたりさん、卯野たまごさん、小林潤奈さん、お柿さんを私なりに調べてみました。

2月2日の『マツコ会議』ではマツコさんが、コミックエッセイ漫画作家さんに本気のアドバイスしていますね。

今後コミックエッセイを出してみたいと思う人にも通じるマツコさんでした。