【箱根駅伝2019復路】観戦ポイントや見どころは?応援場所の穴場も

スポンサーリンク

2019年1月2日そして3日に第95回箱根駅伝が開催されます。

 

今回は2019年1月3日開催の箱根駅伝復路の観戦ポイントや見どころと応援場所の穴場についてお話しします。

 

復路は【箱根駅伝2019】の6区・7区・8区・9区・10区になります。

 

 

View this post on Instagram

 

Y. Oguraさん(@yasuhisaogura)がシェアした投稿

 

多くの方はテレビで観戦されると思います。そのコースの内容を解説します。

また箱根駅伝実際に観に行けるという方には穴場スポットも紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

箱根駅伝の復路コースの観戦ポイントと見どころ

箱根駅伝2019の復路コース(6区~10区:109.6km)です。

6区 20.8km

6区は芦ノ湖からスタートし、小田原中継所までのコースです。

超高速区間となる6区は、選手たちのチキンレースとなることでしょう。

 

序盤の4キロほどの上り坂を過ぎると一気に下りになります。

大平台のヘアピンカーブは急傾斜100メートル台。最速14秒台のハイスピードになります。

 

この区間は選手も山下りに強い選手を送り込みますが、山は走って上る以上に走って下りるのは大変なことです。

 

そして次第に平坦になる箱根湯本付近からの残り3キロが下りで負担をかけた足にも負担がかかり苦しくなります。急な山下りから平坦部分に移った後の中継ポイントまでをどう攻めるかもポイントです。

 

2015年から函領洞門を迂回するバイパスルートに変わり、従来よりも20メートル程コースが長くなっています。

 

【大平台(ヘアピンカーブ)】

 

【箱根湯本】

 

【函領洞門(今回は迂回…)】

 7区 21.3km

7区は小田原中継所から平塚中継所までのコースです。

 

最初のアップダウンを抜ければ、小田原市街はほぼ平坦なコースが続くので比較的走りやすいコースといえます。

 

国府津駅周辺では海沿えのコースを走る所も増えてきます。

 

この区間にスピードランナーを置くかエースクラスの選手を置くことも大変多く、この区間は区間で非常にハイレベルな展開になることもあります。

 

一方で、この区間は全区間通して最も気象の変化が激しい区間です。

 

走る時間はおよそ午前9時半で、次第に気温が上昇する時間帯び為、温度差との戦いにもなります。

 

旧東海道の面影残る松並木を抜けてて警察署を通ると、8区の平塚中継所になります。

 

【国府津駅周辺】


【東海道の松並木】

 

スポンサーリンク

8区 21.4km

8区は平塚中継所から、戸塚中継所までのコースとなります。

 

タスキを受けた直後から花水川を渡ります。藤沢を越えるまでの前半は平坦なコースですが、中盤以降はダラダラとした上り坂となり、日差しも強まり選手たちの体力を奪います。

 

相模湾に別れを告げ、残り5キロ地点で遊行寺の急な上り坂の難所があります。

 

この辺りからシード権争い(10位まで)も注目が集まり、中継所まで約2キロの原宿交差点からの最後のアップダウンが勝負のカギをにぎります。

 

【藤沢】

【遊行寺】

 

【原宿交差点】

9区 23.1km

9区は戸塚中継所から、鶴見中継所までのコースです。

 

花の2区と比較され、復路のエース区間の松の9区とも呼ばれます。

 

全体的に走りやすい区間ではありますが、タスキを受けてすぐ長い下り坂となり、ペース配分が非常に難しくなる等、頭脳戦を得意とするランナーが多く、駆け引きがとても面白いです。

 

8キロ付近の権太坂が勝負の分かれ道。終盤は繰り上げスタートを避ける為、最後の力を絞りつくす選手の走りが見られるのもこの区間の醍醐味です。

 

後半で保土ヶ谷駅や横浜駅近くを通る為、沿道は多くの人の観戦者で溢れています。

 

【権太坂】

【保土ヶ谷駅周辺】

10区 23.0km

10区は鶴見中継所から、大手町のゴールまでのコースです。

コースは、ほぼフラットですが、ビル風などが厳しいレース展開となり、最終区間ともなるため、プレッシャーなども相当かかり、思わぬアクシデントや逆転劇も起こりやすい最後の区間です。

 

19キロくらいまでは1区の逆走です。途中馬場先門を右折し銀座通りから日本橋を渡ってゴールの大井町に向かいます。

 

主将などチームの中でも、責任感の強い選手が起用される傾向があり、ある程度タイムは度外視される区間でもあり、残り1キロは選手も応援側も自然と白熱します。

 

【馬場先門】

【銀座通り】

【日本橋】

スポンサーリンク

【箱根駅伝2019復路】応援場所の穴場は?

箱根駅伝で帰路を応援する場合、やはり人気があるのはスタートがある箱根エリア(6区)とゴール地点大手前周辺(10区)が定番だと思います。

 

【箱根駅伝ミュージアム】

 

 

復路応援場所の穴場は…

6区と7区の中継地点である「鈴廣かまぼこ」の近くが穴場でオススメです。

朝8時58分位(予想)の応援と少し早いのですが、ちょっと観光気分で行くのであれば最適ですよ。中でお土産買ったり休憩もできますし…。最寄りの駅は箱根登山鉄道 風祭駅です。

 

 

9区横浜駅周辺も一応穴場?です。人は確かに多いのですが、駅から近く、応援できそうな場所も広いです。

【横浜駅周辺】

 

【箱根駅伝2019復路】観戦ポイント・見どころ・応援場所穴場のまとめ

 

View this post on Instagram

 

Kei Noizmanさん(@noise_at_agharta)がシェアした投稿

2019年1月3日午前8時より箱根駅伝復路が始まります。

 

テレビ中継も日本テレビ系で復路すべて実況中継されます。

 

復路6区から10区、コースにはそれぞれの特徴もありますが、大学選手たちは自分の任された区間をどう戦い走り抜けていくのかとても楽しみです。

 

そして今年はどこの大学が優勝するのでしょうか?青山学院大学の5連覇はあるのでしょうか?

 

とにかく楽しみで仕方ありませんね。

 

関連記事
【箱根駅伝2019往路】観戦ポイントや見どころは?応援場所の穴場も

 

スポンサーリンク