ヒューイットソン(騎手)の経歴や年収は?家族や彼女についても調査

スポンサーリンク

ヒューイットソン(騎手)のプロフィール/経歴/炎の体育会TV

ヒューイットソン(騎手)のプロフィールは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

たくぽん(@takuporrn._jp)がシェアした投稿

名前:ライル・ヒューイットソン(Lyle Hewitson)
国籍:南アフリカ共和国
出身地:南アフリカ共和国 クワズール・ナタール州
生年月日 :1997年10月30日(2020年5月現在22歳)
身長:166cm
体重:53kg

引用:Wikipedia

スポンサーリンク

ヒューイットソン(騎手)の経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

umanchu(@umauma025)がシェアした投稿


ヒューイットソンさんは南アフリカ共和国の騎手選手です。

 

2016年に南アフリカで騎手免許を取得。

 

2017/18年シーズン成績

1469戦184勝(南アフリカリーディング1位)

 

2018/19年シーズン成績
1558戦219勝(南アフリカリーディング1位)

2018/19年シーズンと2年続けて南アフリカリーディングを獲得。

 

2019/20年シーズン成績
242戦3勝(香港リーディング17位)

 

2019/20年シーズンは香港ジョッキークラブに参戦しましたが、序盤でつまづき、現地調教師や馬主とのコネクションが得られず年間わずか3勝でした。

 

しかし香港国際競走の折に日本の競馬関係者と出会ったことをきっかけに、2020年に初来日、JRAから短期騎手免許の交付を受けます。

 

日本での初騎乗は2020年3月7日。中山競馬場3日目第1Rに出走。4着。そして第7Rで見事1着初勝利となります。

 

日本での身元引受調教師は国枝栄氏、契約馬主は吉田勝己氏。

 

スプリングステークスで伏兵ガロアクリークを勝利へ導き、来日初重賞制覇を飾り、4月30日までで14勝をあげます。

スポンサーリンク

ヒューイットソン(騎手)はいつまで日本にいられるの?


ヒューイットソンさんはJRAから短期騎手免許の交付を受けます。

 

その期間は・・・。

免許期間
3月7日(土曜)から5月4日(祝日・月曜) 

 

5月4日まで日本で騎手として出走できた訳です。

 

ヒューイットソン(騎手)と炎の体育会TV

ヒューイットソンさんは、『炎の体育会TVSP(TBS系)』に地方若手騎手2人と、川崎競馬で騎乗していた“美人すぎるジョッキー”ミカエル・ミシェルさんの4人で『次世代ジョッキー軍』を結成し、出演されます。.


出展:TBS公式

 

番組は3月下旬に収録されたようです。ロデオや木馬などを使った番組オリジナル競技を3つ行ない、過去の最高記録に挑戦するという企画に挑戦。競技で真剣にチャレンジし、大いに番組を盛り上げたようです。