寺脇加恵(ケータリング)経歴や年収は?結婚/旦那や家族も調査!

スポンサーリンク

寺脇加恵さんはケータリング会社のオーナーです。

 

6月25日『セブンルール(フジテレビ系)』に登場されます。

 

寺脇加恵さんのケータリングは、企業のみならず70を超える駐日大使館と提携されています。

 

そんなケータリング会社を経営するにいたる経歴や年収が気になりませんか?

 

それにケータリングのことだけでなく、結婚されているのか?等、旦那さんや家族についても気になります。

 

今回は寺脇加恵さんの経歴や年収、結婚旦那や家族について調べまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

寺脇加恵(ケータリング)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayaho Abeさん(@abeayaho)がシェアした投稿

名前:寺脇加恵(てらわきかずえ)

生年月日:1976年

年齢:43歳

出身地:神奈川県

学歴:上智大学法学部法律学部卒業

寺脇加恵(ケータリング)の経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

T_Iwataさん(@t_iwata_official_ldh)がシェアした投稿

『セブンルール』に寺脇加恵さんが登場します。

 

寺脇加恵さんは、大学時代にアパレル業で起業されます。

 

上智大学の法学部出身なのに起業というのも面白いですね。

 

起業当時は順調に売り上げを伸ばしていたようですが、開業から10年が経ったある時に従業員が高価な在庫の一部と顧客リストを持ち逃げされ、すべてを失ってしまうという最悪のトラブルに見舞われます。

 

そして30歳再起をかけて、たった一人で始めた仕事が“ケータリング”だったようです。

 

ケータリングを始めるきっかけになったのは、アパレル業で起業されていた時、その買い付けのために世界各国を訪れていた時にセプションやパーティが、ホテルで行われるような日本の一般的なものとは違って、海外ではもっと自由な形であることが多いということに気付かれたからのようです。まだまだ日本のケータリングは知名度は低く、もっとやれることがあると感じたのでしょうね…。

 

そんな寺脇加恵さんですが、ケータリングの事業を始めることを決意した時は、まだ料理人としての修業はやっていなかったようです。

 

ただ重度のアトピー症状で悩んだという自身の経験から、飲食業では世界各国料理の調理法を組み合わせ、化学調味料を使用しないナチュラルな調理にこだわり、さらにアパレル業で起業していた頃にファッションのデザイン経験もあったので会場装飾の創込みをワンストップで手がけられる事を特徴にする等、他にマネが出来ないような創意工夫を行っていきます。

 

またその頃に、大使館や大使公邸でのイベントを通して多様性を体験し国際理解を考える財団法人IWCJ財団法人の立ち上げに関わり、副理事に就任されます。2015年現在まで65カ国の大使館と小学生の子供と親を対象とした国際多様性や食育の共催イベントを行ったり、大使公邸料理人のいない国のイベントシェフを臨時で務めます。

スポンサーリンク

 

寺脇加恵(ケータリング)の年収は?

寺脇加恵さんの会社はGlobe Caravanです。仕事は年間100件以上の依頼があるとのことです。

 

この1件が家族等少人数も企業や大使館などで数100人規模の場合も1件と考えるのでしょうが、寺脇和恵さんは少人数のフィンガーフード提供から始め、人任せにせず、基本すべて自分でつくりあげるようにしているようです。

 

 

そして気になる料金ですが…

お見積もり
フィンガーフード 2000円〜
フィンガーフード&ビュッフェ 4000円〜
着席コース 6000円〜
ドリンク 1杯600円〜 フリーフロー2000円〜
スタッフ人件費 3000円/時間
企画費用(イベントに合わせたプランニング)
装飾費用(予算に合わせてご提案)
ミニマムオーダー(お料理&ドリンクで20万円〜)

引用:Globe Caravan

 

イベントに合わせたオーダープランになるようですが、ミニマムオーダーの場合は、料理&ドリンク分で20万からのようですね。

 

一般的にケータリングサービスを申し込もうと思ったら大体、1人あたり料理の値段が3000円~4000円で人数は30名というのが相場なので金額にすると10万円前後ということになります。そう考えるとちょっと高めだといえますね。

 

でも寺脇加恵さんは食材のアレルギーにも考慮し、素材にもこだわり無農薬野菜を厳選して使用している徹底ぶり。

 

リピーターも増え、ケータリングもすぐに予約で埋まっているようです。

 

そう考えると多少高めであっても依頼はあるわけであり、当然年収に反映されると思われます。

 

具体的な年収は公表されていませんが年間100件で1件あたり多い少ないはあるでしょうが、100人分くらいだとして、2000円~フィンガーフード注文と考えただけでも2千万となります。

 

そこから食材費や光熱費など色々差し引いてもまだ1千万はあるのではないかと思われます。

スポンサーリンク

寺脇加恵(ケータリング)結婚/旦那や家族は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

あぶくりさん(@abukri_zoshigaya)がシェアした投稿

寺脇加恵さんの結婚や旦那さん、家族について色々と調べてみましたが、残念ながら公表はされていません。

 

あるインタビューでは「週末はパートナーと食事をつくるのが楽しみ」と答えていたことだけはわかっています。

 

しかしこのパートナーだけでは、まだ結婚しているのか、旦那さんなのか等、家庭のことまでは想像するしかないようですね。

 

寺脇加恵(ケータリング)経歴や年収は?結婚/旦那や家族のまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayaho Abeさん(@abeayaho)がシェアした投稿

今回は寺脇加恵さんの経歴や年収、結婚や旦那家族について調べてみました。

 

結婚や旦那家族については詳細はわかりませんが、こんなに美人で料理も創意工夫できる家庭的な方であれば結婚して旦那さんがいてもおかしくないかもしれませんね。

 

それにしても寺脇加恵さんのケータリングは本当に独創的でそして熱意がこもっていますね。

 

ベイビーシャワーケータリング↓。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chef Kae Terawakiさん(@terawakikae)がシェアした投稿


女の子が生まれる予定なので女子らしいピンクをモチーフに整えています。

 

 

デンマークと和モダンのケータリング↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chef Kae Terawakiさん(@terawakikae)がシェアした投稿

 

モーターショーのメルセデス、ケータリング↓。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chef Kae Terawakiさん(@terawakikae)がシェアした投稿

 

客のリクエストに合わせて考えていく・・・まさに職人技ですね。

 

そんな寺脇加恵さんの『セブンルール(フジテレビ系)』は6月25日火曜日23時からです。

スポンサーリンク