金澤翔子(書道家)情熱大陸に登場!経歴は?作品についても振り返る

スポンサーリンク

金澤翔子さんという書道家がいます。

 

純粋に人々を喜ばせたいという思いだけに書いた書字は人々に感動を与えます。

 

そんな金澤翔子さんが5月5日の『情熱大陸(TBS系)』放送に出演されます。

 

金澤翔子さんの書道の経歴を振りかえる中で、書道を通じて人々を感動させてきた理由が見えてくる気がします。

 

今回は書道家金澤翔子さんの経歴を作品と共に振り返りながら調べまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

金澤翔子(書道家)のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

金澤翔子 公式インスタグラム/ Shoko Kanazawaさん(@shoko.kanazawa)がシェアした投稿

名前:金澤 翔子(かなざわ しょうこ)
生年月日:1985年6月12日(34歳)
出身:東京都目黒区
職業:書道家

金澤翔子さんは幼い頃敗血症にかかり、後にダウン症と診断されます。

 

ダウン症とは…

遺伝子レベルの染色体の病気です。ダウン症候群と言われています。

ダウン症候群とは、よく「ダウン症」と呼ばれる染色体の病気です。
ヒトの正常の体細胞(デイプロイド)では、22対の常染色体と1対の性染色体があり、合わせて計46本の染色体を持っています。しかし、ダウン症では21番の染色体が通常2本のところが3本になっているトリソミー示し(標準型ダウン症)それにより各種症状が認められるようになります。
ダウン症では、筋肉の緊張低下・特徴的顔貌・成長障害などが見られ、全体的にゆっくり発達します。心疾患などを伴うことも多いのですが、最近では医療や療育、教育も進んでおり、多くのお子さんが学校生活や社会生活を送っています。
現在日本でのダウン症患者数は約8万人、推定平均寿命は60歳前後と考えられています。また、ダウン症の発症率は約700人に1人と推測されます。

出展:medical note

そんなダウン症として診断された金澤翔子さんはどうして書道家に道を進むことになったのでしょうか?

スポンサーリンク

金澤翔子(書道家)の経歴

 

View this post on Instagram

 

金澤翔子 公式インスタグラム/ Shoko Kanazawaさん(@shoko.kanazawa)がシェアした投稿

金澤翔子さんが書道にはいったきっかけは、書道がずばり自分の世界に没頭できるから…。

 

 

金澤翔子さんのお母さんは書道家 金澤 泰子さんです。

 

View this post on Instagram

 

小澤実和さん(@miwa_ozawa)がシェアした投稿


写真右がお母さん。金澤泰子さんです。

 

とってもやさしそうなお顔ですよね。

 

金澤翔子さんを愛情いっぱい育て上げていることが想像できます。

 

そんな母親のもとで書道を五歳から学び始めた金澤翔子さん。

 

その後まもなく書道の世界で見事に大輪を咲かせていきます。

 

1995年、10歳の時に全日本学生書道連盟展に「花」を初出品した後、

 

1999年、14歳の時に日本学生書道文化連盟展に「龍」を出品し銀賞を受賞をし、その後も作品を出し続け、賞を受賞します。

 

2001年、16歳の時には「舎利札」を出品し、学生書道としては最高位である金賞を受賞します。

 

2002年、17歳の時には、日本学生書道文化連盟展に「觀」を出品し金賞を受賞します。

 

2004年、19歳の時には書家としての号「小蘭」を取得します。

 

2005年、20歳の時、最初の個展である「翔子 書の世界」を銀座書廊で主催するに至ります。

 

2006年10月、建長寺に「慈悲」を奉納します。

 

2009年11月、建仁寺に「風神雷神」を奉納します。


この作品が建仁寺蔵の国宝「風神雷神図」の隣に展示されることにより大きな反響を呼びます。

 

2012年、NHK大河ドラマである平清盛の題字を担当しました。これはとても話題になりましたよね。

 

 

ここまで振り返るだけでもすばらしいですよね。

 

ダウン症の方は芸術的才能に長けている方が多いという話も聞いたことがあります。

 

自分の思ったままの世界をそのまま表現できる芸術の世界はまさに才能を活かせる場なのかもしれません。

 

でも金澤翔子さんは、どうもそれだけではなく彼女の人柄によるものも影響し、人々を感動させるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

金澤翔子の作品と込められた思い

金澤翔子さんの母、金澤泰子さんは、娘がダウン症があると知りつつも、障害のない子と同じように育てるようようとし、最初は習い事も一時は考えたようです。

 

しかし…金澤翔子さん自身が人と競争がするのが好きでないことに気づきます。

 

かけっこなども他の子を負かすと可哀想だからと速く走ろうとしなかったそうです。

 

とてもやさしいのですね。

 

人が負けること、つらい思いをするのが幼いころから耐えられなかったようです。

 

そのことがきっかけで自分の世界に入ることのできる書道の世界に入ることになったのですが…。

 

やがてその書道の世界で人に感動を与えることとなります。

 

金澤翔子さんの字には何か人を感動させる、動かす力があります。

 

本人は単に喜んでもらおうと必死に書く書字に魂が込められていたのです。

 

 

スポンサーリンク

金澤翔子(書道家)情熱大陸に登場!経歴は?作品のまとめ


金澤翔子さんが5月5日の『情熱大陸(TBS系)』放送に出演されます。

 

今回は金澤翔子さんの書道の経歴と作品を振り返りまとめてみました。

 

人々に感動を与えるその字には金澤翔子さんの心がそのまま宿り、人々を感動させているのかもしれません。

 

そしてそんな金澤翔子さんの原動力はまさに愛なのかなと感じました。

 


 楽天より購入可能です↑。

 

スポンサーリンク