自己中(じこちゅう)的な考え方は役に立つ!

スポンサーリンク

「自己中(じこちゅう)」という言葉はご存知ですか?

自己中心的という言葉の略で、

自分自身を物事の中心として定義して世の中の物事を解釈する考え方を持つことです。

 

名前の通り、自分が中心で他人のことを考慮しない特性をいいます。

世間一般的には周囲の人の無視あるいは軽視する等、

身勝手でわがままという悪い意味で使われることが多いようです。

 

しかし「自己中」の思考法は、人間関係の悩みにも実に有効に使われるものだと思われます。

 

「自己中」は他人を無視し軽視する等の身勝手でわがままな行為と捉えれれていますが

自分の気持ちや自分の感じ方に素直に反応するとも捉えることができるとも解釈できます。

 

なので相手の考えていることや行為に注意を払うよりも

自分自身に意識を向け自分を満たす考え方だとするのであれば

なんだか悪くない考え方だとも思いませんか?

 

「自己中」=自分を満たす

「自己中」は、中心にあるのは自分の気持ちや感じ方であり

まずは自分を満たすことを優先とする。

 

そしてその満たされた自分に余裕がうまれるので

他人にもゆとりを持って楽な関係を築ける。

つまり「自分が幸せであれば、他人も幸せになる」という考え方です。

 

でもこれってなんとなく納得できませんか?

世の中は、特に日本は周囲を気にかけ、周囲に気を配ることを美徳とする傾向があります。

でもそれって自分が不幸でゆとりのない時に、そういった行動に本当に出れるのでしょうか?

 

もちろん人の役に立つこと、人に感謝をされることで満たされる自分の気持ちだってあります。

私が、ここで言いたいのは

自分の願いや思いがかなえてあげる為に行動することは心も豊かになるということなんです。

 

人の役に立ち、人に感謝されることで、

満たされた自分でいたいと思うことも自分の願いの内と考えていただきたいのです。

自分の心の声に素直に生きることで、自分らしい生き方ができるはずだと思います。

ではこの「自己中」的な考え方を実践することでどう変わっていくのでしょうか。

 

自分の意志を優先するので最良の対処法をみつけることができる

今、関わらないといけない相手があきらかに機嫌が悪い状態に見えたらどうするでしょうか?

関わらないといけないので、とりあえず話しかけるのではないでしょうか?

しかし機嫌が悪い相手は、急に話しかけるあなたに機嫌よく応えてくれるとは限りません。

 

場合によっては話しかけたことで、あなた自身も不快な気分を味わうことになるかもしれません。

では「自己中」的にはどうすればいいのでしょうか。

ずばり、今の自分が相手に話しかけた方がいいかどうかを心の感情に問い合わせます。

 

心の感情は、今関わらなければいけないという状態と相手の機嫌の悪さを分析して

自分のすすむべき答えを自分に教えてくれます。それを実行するだけです。

 

その場合、機嫌の悪い相手をより機嫌を損ねない方法を見つけるかもしれないし

話しかけないでそもそもその場をスルーする方法を見つけるかもしれません。

 

どうしても今回は機嫌の悪い相手にリスク承知で話しかけないといけない結論が出たとしても

心の感情は自分をしっかりホローしてくれるので、不快になることは減少すると思われます。

人間関係の悩みでは自分の問題が明確にみえる為、問題解決に向けて動くことができる

人間関係の悩みは自分と相手との関係で悩んでいます。

自分だけでなく相手のことも気にして悩み、より悩みが深くこじれるケースも少なくありません。

ところが「自己中」的であれば、自分の気持や感じ方を優先します。

 

自分の場合であれば、それに気づけば改善することも可能です。

自分でやれるにフォーカスでき問題解決が早いと思われます。

 

ちなみにここではいう「自己中」的とは、他人のことを見ようともせずに

自分のことだけを相手に伝えようとする身勝手でわがままな意味ではありません。

自分の気持ちや感じ方が優先ですが、相手の立場もしっかり尊重することも前提になります。

 

そのうえで自分のできることを自分の課題とするので解決が早いということなのです。

自分を愛する気持ちが育まれ、自分を大切にする

「自己中」的に考えになる為に私が一番すすめる理由はこれです。

自分の意志を優先し、自分の気持ちや感じ方に素直に反応できるようになり

やがては、したいこと好きなことに対して能動的に行動できるようになります。

 

そうなると自分にますます自信がうまれ、自己肯定感が高まります。

「自己中」という言葉には悪いイメージを持たれる方も多いのでしょうが、

「自己愛」という言葉ではどうですか?それでもしっくりこない方であれば

「自分を大切にする」という言葉ではどうですか?

 

どうか自分を大切に「自己中」的な考え方も持ってほしいと思います。

スポンサーリンク