芦田愛菜 史上最年少の語り!NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』のナレーションに決定!!

芦田愛菜さんは現在14歳。ドラマやCM等のテレビで活躍中の14歳の女の子です。

そんな芦田愛菜さんが史上最年少の語りとして

NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』でナレーションを担当することがわかりました。

史上最年少14歳の語りは『まんぷく』のドラマにどう影響与えるのでしょうか?

スポンサーリンク

芦田愛菜 プロフィール

本名:芦田 愛菜

生年月日:2004年6月23日(14歳)

出生地:兵庫県西宮市

血液型:A型

職業:タレント(子役)、歌手

ジャンル:テレビドラマ、映画

活動期間;2008年~

事務所:ジョビィキッズプロダクション

主な作品(テレビドラマ):『Mother』『マルモのおきて』『明日、ママがいない』

主な作品(映画):『阪急電車 片道15分の奇跡』『うさぎドロップ』『パシフィック・リム』『円卓こっこ、ひと夏のイマジン』

出典:wikipedia

14歳の芦田愛菜さん。テレビドラマ、映画とすでにこれだけの作品に関わっています。

今年の春から慶応義塾中等部に進学されている中学1年生です。

慶応義塾中等部は芸能活動に理解を示しているとのことなので

これからもまだまだテレビや劇場で芦田愛菜さんを見ることができそうですね。

 

芦田愛菜はこれまでも史上最年少ばかり…。

芦田愛菜さんのこれまでの経歴を振り返ると史上最年少づくしの経歴でした。

 

2011年3月ドラマ『さよならぼくたちのようちえん』でドラマ史上最年少での初主演

そして同年4月、国民的大ヒットしたドラマ『マルモのおきて』で連続ドラマ初主演。

『マルモのおきて』はゴールデンタイムの連続ドラマ史上最年少での主演

 

同年10月バラェティ番組『メレンゲの気持ち』で史上最年少で司会

 

同年12月『第62回NHK紅白歌合戦』に史上最年少で紅白歌合戦に出場(7歳193日)。

 

2012年今度は映画『うさぎドロップ』『阪急電車片道15分の奇跡』で

第54回ブルーリボン賞 新人賞を史上最年少で受賞

 

年齢が若いので出演されたり主演したり、賞を取るだけで

史上最年少になっていました。

しかし当然、実力がなければ出演も賞も取ることはできません。

そう考えると14歳にして末楽しみな女優さんですね。

 

芦田愛菜 これまでの画像、映像から振り返る

①小さい時の写真

こんな小さな時からすでに芸能活動されていました。
とっても可愛らしい子どもです。Vサインができていません(笑)。

 

②『マルモのおきて』・・福くんとムックと…。

ご存じ『マルモのおきて』で「マル・マル・モリ・モリ」を歌っていました2人と1匹。

“薫と友樹、たまにムック。”です。懐かしいですね。

 

③セブン&アイのCM

小学校に上がる前の芦田愛菜さんがランドセルは自分で選びたいとおねだり。。

とっても可愛いCMになっています。

 

④小学校6年生画像

お姉さんぽくなっての画像ですね。
昨年の夏、小学生最後の頃です。

スポンサーリンク

芦田愛菜 史上最年少の語り『まんぷく』について

芦田愛菜さんの史上最年初の語りが決定した

NHK朝の連続テレビ小説『まんぷく』は

平成30年10月1日~平成31年3月30日までのNHKで放送予定です。

 

インスタントラーメンを発明した日清食品創業者の安藤万福さんと

その妻仁子さんの半生をモデルにしたフィクションです。

 

まだドラマの詳細は公表されていませんが

続々とキャストが発表になり

今回芦田愛菜さんの史上最年少の語りが発表されました。

 

芦田愛菜さんは、“朝ドラ”に出演することが女優としてお芝居を続けていく上での目標の1つとのこと。

語りという形で参加することをとても光栄に思っているようです。

 

芦田愛菜 史上最年少語り 『まんぷく』のまとめ

14歳で現役中学生の芦田愛菜さんは史上最年少づくしでした。

今回の『まんぷく』での語りを史上最年少の芦田愛菜さんが担当することで

このドラマ『まんぷく』にどのような効果を満たしていくのかはまだ未知数だと思います。

 

でもこれまでの経歴も1つ1つ実力で周囲に認知され

史上最年少として出演、主演とステージに立っています。

 

きっと芦田愛菜さんだから生じる語りで

また1つ引き出しを増やしていくことだと思います。

 

今回ドラマの中でどうキャストを引き立てサポートしていくのが

見どころであり、実に楽しみですね。

スポンサーリンク