飯豊まりえ 向井理主演ドラマに出演!!「太陽を愛した人~1964あの日のパラリンピック~」

飯豊まりえさんが8月22日水曜日NHK総合番組にて午後10時から11時。

向井理さん主演の「太陽を愛した人~1964あの日のパラリンピック~」に出演されます。

 

飯豊まりえさんといえば

最近ではドラマ「マジで航海しています」で武田玲奈さんとW主演で話題です。

そんな飯豊まりえさんが向井理さんのドラマに出演されます。

 

今回のドラマはパラリンピックが舞台のようです。

飯豊まりえさんはドラマではどんな役なんでしょうか?

スポンサーリンク

1964東京パラリンピックについて

今回のドラマは1964年の東京パラリンピックが舞台です。

東京オリンピックの後に障がい者の方のスポーツの大会

パラリンピックがありました。

 

1964年の東京パラリンピックはパラリンピック大会としては第2回となります。

第1回は1960年のローマパラリンピックです・・。

オリンピックと同じ開催国、開催都市で行った初めての大会です。

 

日本国内では当時、障がい者に対するイメージはまだネガティブなものでしたが

1964東京パラリンピック大会で活き活き活動する障がい者の姿に

日本における障がいを持つ人々への認識にポジティブなインパクトを与えたようです。

 

これにより労働省は障がい者の身体的及び精神的能力を認め

障がい者の方を雇用する工場を創設する運びとなったと言われています。

 

ドラマ「太陽が愛したひと~あの日の1964パラリンピック~」とは

このドラマは1964年の東京パラリンピック開催のために

尽力したという伝説の医師・中村裕医師を向井理さんが演じます。

 

1960年に整形外科医の中村裕医師は研修先のイギリスで

スポーツを取り入れた障害者医療を学びます。

帰国した中村医師は障害者スポーツを広めようとします。

 

ある少年との出会いを機会に、車いすバスケットボールを少しずつ普及させていきます。

そんな中村医師に第2回のパラリンピックとなる

東京パラリンピックを実現するミッションが与えられます。

 

当時の日本は障がい者に対しては閉鎖的な壁があり

さらに障がい者の家族からも「見せ物にしないでほしい」と反対の声の中

見事、東京パラリンピックを成功させます。

 

そして飯豊まりえさんは

中村医師が障がい者が自立して生きていく為の就労施設「太陽の家」を立ち上げるます。

その「太陽の家」の事務員、岸本茜役です。

 

苦しい経営状態の中でも

中村医師の熱い思いに応えようとする入所者たちを励まし続けるようです。

また自身も中村医師の熱い想いを受け継ぎ奮闘していきます。

 

ドラマの中では、そんな岸本茜に想いをよせる一人の青年がいるようです…。

何か恋の予感もしますね・・(^^)。

スポンサーリンク

 

飯豊まりえ 向井理主演「太陽を愛したひと~1964あの日のパラリンピック~」まとめ

飯豊まりえさんが出演される「太陽を愛したひと~1964あの日のパラリンピック~」は

8月22日午後10時から11時までNHK総合番組にて放送されます。

 

今と1964年当時とでは、障がいに対する考え方は大いに違っています。

向井理さん演じる中村医師は車いすバスケットボールを通して

障がい者の方の可能性を見つけました。やがてはパラリンピック成功へと導かれます。

 

このドラマではそんな感動の中に、ひたすら中村医師の想いを信じて事務員として働く

飯豊まりえさんがどんな演技されるか楽しみです。

 

これまでのドラマとはまた違い、

向井理さんとのやり取りの中で飯豊まりえさんが

障がい者の方に対してドラマ上でどれだけ愛情を注げるかも見どころです。

 

またドラマ上で想いをよせる少年に対してどう関わっていくのかも興味ありますね。

今回の「太陽を愛したひと~1964あの日のパラリンピック~」のドラマを通じて

飯豊まりえさんがどんな演技されるのでしょうか・・・今から楽しみです。

関連記事

飯豊まりえ 吉岡里帆と似ている?画像や動画で確認してみました~。 

飯豊まりえ コンプレックスの真相は!!ぶさいくすぎるって本当??【画像あります】

スポンサーリンク