ローラが1000万円寄付した!インスタグラムに告げられるその想いとは…。

モデルでありタレントのローラさんが1000万円寄付したと話題になっています。

8月12日のローラさん自身のインスタグラムで

ユニセフの1000万円寄付したと公表されています。

 

ローラさんと言えば昨年所属事務所のLIBERAとのトラブルの渦中にあり

今後の芸能界活動をどうするのかも話題に上がっていました。

そんなローラさんがフォロワー500万人の自身のインスタグラムで告げられたその想いとは何でしょうか?

 

スポンサーリンク

 

ローラさんのプロフィールについて

プロフィール

生年月日:1990年3月30日

現年齢:28歳

出身地: 日本・東京都

身長 / 体重:165 cm / 45 kg

デビュー:2007年『Popteen』

ジャンル:ファッション

他の活動:バラエティタレント、歌手

出典:Wikipedia

 

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿

ローラさんの名前のローラというのは

米国テレビドラマ『大草原の小さな家』の登場人物の主人公ローラに由来します。

 

2007年『Popteen』読者モデルとしてデビューをはたし

2008年『ViVi』で専属モデルとなります。

2010年バラエティ番組『しゃべくり007』にゲストで出演してからバラェティ番組への出演が増えます。

 

“オッケー”というセリフが流行語としても認知され、さらに人気に拍車がかかります。

エキゾチック”な容姿という持ち味に加え

どのような人物に対してもタメ口で物怖じしない天真爛漫な性格が

テレビでも大うけして、テレビやCMの出演本数も増えていきます。

 

そんなローラさんの印象と言うのが

明るくて楽しそうで天真爛漫のイメージばかりで

ゆえに1000万円寄付??というのが、いまいち繋がりませんでした。

 

ローラ1000万円寄付の理由

今回UNICEFのイベントに参加しました。わたしはいま頭の中が子供達や動物の幸せと地球をまもることでいっぱいです。それと調べるほど許せないこともたくさんあり、悲しい気持ちになります。今回は自分ができる事として1000万円を寄付する事にしました。まだまだ足りないです。何をするために生きているか何をしないといけないか冷静に考えて自分の感情を信じて生きて行こうと思います。リスクがあっても嘘のない、人にとっても地球にとっても幸せが続くことに精一杯力を注いで頑張っていきたいです。 I attended a UNICEF event! I’ve had the welfare and happiness of children and animals, as well as ideas about how to protect our planet on my mind a lot lately. There’s a lot of sad feelings and actions I just can’t forgive on my mind as well. Therefor, I’ve made a $100,000 donation to UNICEF, because I really believe they’re working to improve these conditions that really need to change. It’s still not nearly enough, though. I’ve been thinking lately, “What is my purpose in life?” and “What do I have to accomplish during my time here?” and I’ve decided to follow my heart from this point forward. No lies, finding ways to make people happy and save our planet are the things I’ve made up my mind to put my energy into. I’ve gotta try my best!

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿 –


ローラさんはユニセフのイベントに参加され

悲しい気持ちになり、自分のできることとして

ユニセフに1000万円寄付を決意したようです。

 

ユニセフのイベントというものがどういう内容であったのかはわかりませんが

ローラさんがユニセフに1000万円寄付を決意しようと思うくらい

何かに衝撃を受けたのは事実です。

 

スポンサーリンク

 

ローラーの過去、その想い

ローラさんは幼いころから、決して恵まれた生い立ちではなかったようです。

木造アパートに8人で暮らしていたこともあり

成長すると早々アルバイトで家計を支えていたようです。

 

なのでローラさんは、過去の自分と同じように苦しい思いをしている子どもたちに

何か役立つ活動がしたいとずっと考えていたようです。

 

そんなローラさんは芸能以外のこともやりたいことがあり

例えば環境問題等…。

自分の中にある そういうのを(環境問題等を)少しずつ伝えていきたいようです。

 

以前『恵まれない国の子供達に学校を作りたい』という夢を明かした

『偽善者』といった心ないバッシングにも遭ったこともあるようです。

今回の寄付金はそんなバッシングをも跳ね返す意思を持ち公表にいたった野だと思います。

 

ローラ1000万円寄付についてのまとめ

今回「ローラ1000万円寄付」の当然の話題には正直驚きました。

芸能人の方が震災の時等に義援金という形で

有事に有名人がチャリティ参加したり

有志としてお金を贈答することはあります。

 

しかしローラさんの場合は

ユニセフのイベントに参加したことをきっかけとなり

自分の感情を信じて生きていこうと

1000万円寄付金と共に自分への決意表明のようにも思われます。

 

以前からローラさんは社会問題に関心があり

これまでも環境保護や動物愛護といった社会活動に積極的に参加されています。

みなさまに発表があります!今回 @uni_project330 でたくさんの保護犬、保護猫を掲載していくことにしました。日本では毎日220匹以上の犬猫が殺処分をされてしまっているの。アメリカやヨーロッパにいくとペットショップがなくて、みんな犬猫を飼いたいときはシェルターや保健所に行って引き取るのがあたりまえになっているの。わたしはそういった現実にも影響をされて、日本で起こっている現場もみて、自分にもっと何ができるかなと考えました。幸せになるワンちゃんとネコちゃんがたくさんあふれますように😌🙏 みんなでリポストしよう!! Today, in Japan, 225 dogs and cat’s will be euthanized. We have to change this soon, and do like England and the US are doing and save their lives and protect them. That’s why I’ve made an account at @uni_project330

ROLAさん(@rolaofficial)がシェアした投稿 –

もしかしたらローラさんの伝え方は、正直うまくないかもしれません。

でもこうした行動をローラさん自身がインスタグラムで公表し

精一杯伝えようとしています。

 

1000万円の寄付金という言葉ばかりに注目されそうですが…

自分の感情を信じて生きていこうとするローラさんに嘘はありません。

 

ローラさんの言う

【人にとっても地球にとっても幸せが続くことに精一杯力を注ぎ 頑張っていきたいです】

ローラさんの今後の決意を強く感じてしまいます。

スポンサーリンク