[箱根駅伝予選会2020]注目の選手は誰?画像も調査!

スポンサーリンク

箱根駅伝2020の出場権をかけて今年もまた箱根駅伝予選会が始まりました。

 

箱根駅伝2020の出場権をかけて出場される学校はどこの学校でしょうか?

 

さてそんな中で箱根駅伝2020予選会に参加される注目の選手はやはり実力ある選手で気になりますね。

 

そこで今回は箱根駅伝2020予選会の注目の選手を画像と共に紹介したいと思います

 

スポンサーリンク

[箱根駅伝予選会2020]注目の注目選手は?

イェゴン・ヴィンセント(東京国際大学)

イェゴン・ヴィンセントさんは3位。1時間2分23秒。

 

この投稿をInstagramで見る

 

4years.(@4years_media)がシェアした投稿

6月に開催された全日本大学駅伝の関東選考会では1位の東京国際大学にて1年生にしてNO1の実力者です。

 

さすがの早さです。

 

伊藤達彦(東京国際大)

伊藤達彦さんは5位。1時間2分34秒。東京国際大学4年生。

 

この投稿をInstagramで見る

 

nakajima_la(@nakajima_la)がシェアした投稿

日本人トップでゴールします。

スポンサーリンク

レダマ・キサイサ(桜美林大学)

レダマ・キサイサさんは1位、1時間1分1秒。1が揃っていますね(笑)。

桜美林大学4年生。レダマ・キサイサさんは昨年も一昨年も1位。今年3連覇達成です。

 

ライモイ・ビンセント(国士舘大学)

ライモイ・ビンセントさんは2位、1時間1分37秒。

国士舘大学2年生。ケニア出身のスピードランナーです。

スポンサーリンク

 荻久保寛也(城西大学)

荻久保寛也さんは6位、1時間3分12秒。

 

この投稿をInstagramで見る

 

りた(@ritaro_77)がシェアした投稿

城西大学4年生エースの荻久保寛也さんは日本人2位。実力あります。

太田智樹(早稲田大学)

太田智樹は16位。1時間3分58秒。

 

この投稿をInstagramで見る

 

りた(@ritaro_77)がシェアした投稿


早稲田大学4年生主将。長距離に定評ある選手です。

スポンサーリンク

長谷川柊(専修大学)

長谷川柊さんは11位。 1時間3分51秒です。

 

全日本大学駅伝予選会の最終組で日本人トップでゴールし、日本学連選抜チームに選出されました↓。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

nakajima_la(@nakajima_la)がシェアした投稿

手嶋杏丞(明治大学)

手嶋杏丞さんは9位。1時間3分28秒です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@sknknknがシェアした投稿


明治大学2年。予選会では8キロ地点で日本人集団から抜け出し勝負をかけました。

スポンサーリンク

[箱根駅伝予選会2020]注目の選手は誰?画像も調査!まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

EKIDEN News(@ekiden_news)がシェアした投稿

箱根駅伝2020予選会が始まり、箱根駅伝2020の本選に出場される10校が決まりました。

(1)東京国際大 10時間47分29秒
(2)神奈川大 10時間50分55秒
(3)日体大 10時間51分9秒
(4)明大 10時間51分42秒
(5)創価大 10時間51分43秒
(6)筑波大 10時間53分18秒
(7)日大 10時間54分29秒
(8)国士舘大 10時間55分21秒
(9)早大 10時間55分26秒
(10)中大 10時間56分46秒

この10校がすでに実力あるシード校とどう戦っていくのか!楽しみですね。