比嘉もえ(アーティスティックスイミング) プロフィル経歴は?家族も

スポンサーリンク

比嘉もえさんは10月20日の『ミライモンスター(フジテレビ系)』に登場します。

 

比嘉もえさんはシンクロと呼ばれたアーティスティックスイミングのミライモンスターです。

 

とってもかわいいキュートな比嘉もえさんのプロフィール経歴や家族のことが気になりました。

 

そこで今回は比嘉もえさんのプロフィル経歴、家族のことを調べまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

比嘉もえ(アーティスティックスイミング)プロフィール

 

名前:比嘉もえ
生まれ:2007年度生まれ
学年:小学6年生
出身:広島県
小学校:広島市立天満小学校
所属:アーティステック・スイミング広島

スポンサーリンク

アーティスティックスイミングとは?

アーティストスイミングとは、シンクロナイズドスイミング、通称“シンクロ”のことです。

 

『シンクロナイズドスイミング』から『アーティストスイミング』へ名称を変えています。

 

国際水泳連盟が、2017年7月22日にハンガリー・ブダペストで総会を開き、「同調性」を意味する「シンクロナイズド」の語がソロや混合種目ではそぐわないと判断した為のようです。

 

・・・??よく意味がわかりませんね。音楽に合わせて水中で様々な動きを行い、技の完成度や同調性、技術、表現力などを競う意味で付いた名前が『シンクロナイズド・スイミング』です。

 

あまり聞き慣れた競技ではありませんよね。
自分も「初めて聞く競技だなぁ」なんて思いながら調べてみました。

 

アーティスティックスイミングはプールの中で音楽に合わせて身体を動かし、技の完成度・同調性・構成・芸術的な表現の長さを競い合います。

 

どうもこの“同調性”という言葉の意味が世界的に受け入れにくいようですね。

 

日本人は同調するということに芸術的なセンスを感じ取りますが、世界的にはそうでもないのかもしれませんね。

 

とにかく『アーティスティックスイミング』は名称が変わった『シンクロナイズドスイミング』のことです。

スポンサーリンク

比嘉もえ(アーティスティックスイミング)の経歴は?

比嘉もえさんは、小学校3年生から水泳を始めますが、幼い頃は全く泳げなかった女の子でした。

 

競技を始めた頃も最初は25mしか泳げなかったようです。

 

小学校4年生の8月に全国ジュニアオリンピックカップに初出場。

 

その1年後…。

小学校5年生の時、2018ジュニアオリンピックカップでソロ(10~12歳)でいきなり優勝。

小学校6年生の時、2019ジュニアオリンピックカップでソロ(10~12歳)2連覇。

 

競技を始めてわずか2年でジュニアの日本一になり連覇。

 

まだまだ今後が楽しみな比嘉もえさんです。

 

スポンサーリンク

比嘉もえ(アーティスティックスイミング) の家族は?

比嘉もえさんの家族について調べてみました。

 

『比嘉』という名字をみていると沖縄に何か家族か関わっているのかな?と思い調べてみると・・・

 

お父さんが沖縄の方ということがわかりました。

 

さらに…。

比嘉もえさんのお父さんは、広島東洋カープで内野手をされていた比嘉寿光選手でした。

 

沖縄の名門、沖縄尚学高校の出身で1999年春の選抜で沖縄尚学高校を優勝時の主将。その後は早稲田大学を経て広島東洋カープに入団されました。

 

広島東洋カープでは残念ながら一軍出番は少なく、引退することになってしまいますが、それでも今は広報担当として広島東洋カープを支えています。


多くの方に慕われ、人柄は最高の人徳者のようですね。

 

今回…。

他にお母さんや兄弟も調べてみましたが、残念ながら情報はありませんでした。

 

今回の『ミライモンスター(フジテレビ系)』で家族の情報も出てくるかもしれませんので期待したいと思います。

スポンサーリンク

比嘉もえ(アーティスティックスイミング) のプロフィル経歴/家族まとめ

比嘉もえさんが10月20日の『ミライモンスター』に出演されることがわかり、比嘉もえさんのプロフィルや経歴そして家族について調べてみました。

 

現在小学校6年生でアーティスティックスイミングのミライモンスターとして紹介されている比嘉もえさん。

 

まだ年齢的にも若く、公表されている情報は少ないのが現状です。

 

それでも全く泳げなかった女子が2年間で日本一になるのは、本人の努力はもちろんですが、きっと何か才能も備わっているのかもしれません。

 

今後比嘉もえさんの成長と共にさらなる記録や実績を重ねていくことになると期待し、注目していきたいと思います。