リーチマイケル(ラグビー)性格や家族/親兄弟は?かっこいい動画も

スポンサーリンク

日本代表選手の主将を務めるリーチマイケルさんは、かっこいい主将です。

 

9月22日『情熱大陸(TBS系)』にも出演されます。

 

リーチマイケルさんは人柄も良さそうですが、どんな性格なのでしょうか?経歴と共にリーチマイケルさんの性格を調べてみたくなりました。

 

また家族についても気になります。どんな親兄弟の環境で育ったのでしょうか。

 

今回は『情熱大陸』にも出演されたリーチマイケルさんの性格や家族(親兄弟)について調べまとめてみました。

 

併せて、かっこいい動画も探してみたいと思います。

スポンサーリンク

リーチマイケル(ラグビー)のプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

SunX, Inc.さん(@sunx.inc)がシェアした投稿

名前:リーチ マイケル(Michael Leitch)
生年月日:1988年10月7日(30歳)
出身地: ニュージーランドのクライストチャーチ
身長:190㎝
体重:105kg
学校:札幌山の手高校
大学:東海大学
愛称:Reach
ポジション:ナンバー8(フランカー)
所 属:東芝ブレイブルーパス
引用:Wikipedia

スポンサーリンク

リーチマイケル(ラグビー)の経歴

リーチマイケルさんは15歳の時にクライストチャーチのセント・ビーズ・カレッジから留学生として来日されます。日本では札幌山の手高校に入学されます。

 

1年でフランカーの定位置を掴み、3年連続で花園に出場し、3年時には高校日本代表にも選ばれています。
同校卒業後は、東海大学体育学部へ進学し、東海大学体育会ラグビーフットボール部に所属。

 

2008年に開催されたラグビージュニア世界選手権に日本代表として出場されます。

 

2008年11月16日、アメリカ戦で日本代表として初キャップを獲得。

 

大学3年時に第46回全国大学ラグビーフットボール選手権大会で準優勝。大学4年時の大学選手権でもベスト4。

 

東海大学を卒業後は東芝ブレイブルーパスに入社。

 

2012年同じ東海大学の同級生と結婚。妻の名前は知美(さとみ)さん。元バレーボール選手のようです。
子供は翌年11月に授かります。名前は真依ちゃん(現在5歳)。

 

こちらは妻の知美(さとみ)さんや娘の真依ちゃんも登場している動画です↓。

出展:Rugby Channel

 

2013年7月25日に日本国籍を取得されます。「マイケル・リーチ」から現在の「リーチ マイケル」に変更。

 

2019年8月、ラグビーワールドカップ2019の日本代表に選出され、主将に抜擢。

スポンサーリンク

リーチマイケル(ラグビー)の性格は?

 

リーチマイケルさんは長年日本代表選手の主将を務めています。

 

その時に同じ日本代表でプレイするメンバーは、リーチマイケルさんの立ち居振る舞いがすごくカッコ良かったと言います。

 

「この選手にはみんながついていくなと感じる」

「リーチさんは言葉で引っ張っていくというより、自分が先頭に立って、みんなを引っ張っていく人で」等チームリーダーとしてメンバーからかなり慕われているのがわかりました。

 

もともとまっすぐな性格のリーチマイケルさんは、ラグビーを日本の文化をそして共に戦う仲間をことのほかリスペクトしています。

 

ワールドカップ2019では自国開催の大会のために愛国心を強く持たないといけないと、チーム全体で日本文化を学ぶ機会をつくろうと「君が代」に出てくる「さざれ石」を見学し、試合前には全員で心を一つにして歌うことも提案されました。日本に対する深い意識の部分からも日本に浸透して学ぼうとする。まっすぐな性格です。

 

また同時にどんなことがあっても慌てずに冷静、口数も少ないのもリーチマイケルさんの性格です。

 

まっすぐで冷静な性格、まさに主将としての資格十分ですね。

 

スポンサーリンク

リーチマイケル(ラグビー)の家族/親兄弟は?

リーチマイケルさんの家族について調べてみました。現在は日本国籍を持ち、日本に住み妻も子供もいるリーチマイケルさんですが、子どもの頃、どんな親や兄弟のもとで育ったのでしょうか?

 

調べてみると子供の頃は両親と妹の4人家族であったようです。

父 コリン・リーチ

リーチマイケルさんのお父さんは現在62歳。ニュージーランド人で、若い頃はラグビー選手。小柄ですが、手はグラブをはめたように大きく、力も半端なく強かったようです。

 

お父さんは「マイケルがやりたいなら」と口数少なく、15歳で日本に留学する時も「郷に入れば郷に従え」という意味のことを言って暖かくリーチマイケルさん送り出してくれたようです。

 

母 アイバ・リーチ

リーチマイケルさんのお母さんは母親はフィジーのタブア村で生まれ、現在はニュージーランドで夫婦で生活されています。

 

もともとはリーチマイケルさんは、5歳の時にお母さんがラグビー好きだったことがきっかけでラグビーを始めます。幼い頃の母親の影響は大きいですね。

 

そんなお母さんの実家はフィジーのタブア村。リーチマイケルさんは休養も兼ねて訪れたこともあります。朝日新聞で動画も公開されていました↓。


出展:朝日新聞社

 

妹 アネ・リーチ


↑写真左が7歳年下の妹、アネ・リーチさんもラグビーの選手です。

 

 

アネ・リーチのプロフィール

所属チーム:ARUKAS QUEEN KUMAGAYA WOMEN’S SEVENS RUGBY FOOTBAL
生年月日(年齢):1995/04/11(24才)
出身地:ニュージーランド
身長:176cm
体重:95kg

アネ・リーチさんも日本の大正大学に2013年進学し、卒業後はアルカス熊谷に所属していました。

ですが・・・2017年から情報がまったくなくなりました。

 

少し心配ですね。

 

今もラグビーを続けているのでしょうか?

スポンサーリンク

リーチマイケル(ラグビー)性格や家族/親兄弟のまとめ

ラグビーワールドカップ2019が9月20日より日本対ロシア戦を皮切りに幕を開けました。

 

日本代表選手の主将を務めるリーチマイケルさん。

 

今回9月22日に早速『情熱大陸(TBS系) 』にも出演されます。

出展:TBS公式 YouTuboo

今回は日本代表選手にとっては頼りになるリーダーのリーチマイケルさんの性格や家族(父母妹)について調べまとめてみました。

 

やはり日本のラグビー界を支えるのも主将たるリーチマイケルさんの力も大きいと思われます。

今後のリーチマイケルさん活躍に期待したいと思います。

スポンサーリンク