服部勇馬(マラソン)の経歴や年収は?家族や結婚についても

スポンサーリンク

服部勇馬さんは東京オリンピック2020のマラソン日本代表選手を選抜するレース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」でみごと2位。東京オリンピック2020男子マラソン日本代表選手に決まりました。

 

さてそんな服部勇馬さんとはどんな人なんでしょうか?経歴や年収や家族のこと。結婚はされているのでしょうか?

 

今回は東京オリンピック2020男子マラソン日本代表選手に決まった服部勇馬さんの経歴、年収、家族、結婚について調べ、まとめてみました。

スポンサーリンク

服部勇馬(マラソン)のプロフィールは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuma Hattoriさん(@hattyori1113)がシェアした投稿

名前:服部 勇馬(はっとりゆうま)
生年月日:1993年11月13日(25歳)
出身地:新潟県十日町市
身長:176cm
体重:61㎏
大学:東洋大学経済学部経済学科卒
競技:陸上競技
種目:長距離走・マラソン
所属:トヨタ自動車
引用:Wikipedia

スポンサーリンク

服部勇馬(マラソン)の経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuma Hattoriさん(@hattyori1113)がシェアした投稿


服部勇馬さんは中学の時に学校の陸上競技部に入部し、中学3年生の時に全日本中学陸上の1500m決勝で7位入賞。全国中学駅伝出場を目指しますが、残念ながら出場を逃します。

 

高校は仙台育英高校。高校3年の時に2011年青森インターハイ5000mで5位入賞。

 

高校卒業後は東洋大学に進学。先輩として設楽啓太さんがいました。

 

大学では1年生の時から駅伝メンバーとして活躍。大学2年時の出雲駅伝では5区を担当し区間記録を樹立。箱根駅伝では2区を担当。

 

大学3年時の箱根駅伝でも2区を担当し、各校のエースを抑え区間賞を獲得。全日本大学駅伝では1区を担当し、区間賞を獲得。

 

こちらは当時の設楽啓太さん兄弟と服部勇馬兄弟です↓。東洋大学の駅伝で盛り上げていきます。

 

大学4年時の箱根駅伝では3年連続となる2区を担当し、箱根駅伝2区2年連続区間賞獲得されます。

 

酒井監督。最後の箱根駅伝で走る服部勇馬に対して激励の言葉が感動的です。

師弟愛です・・。

今でもここぞという時には酒井監督のもとで指導を仰いでいるようですね。

 

大学卒業後はトヨタ自動車に入社し、上半期は大会に出ることなく、出遅れたが、下半期の大会では自己ベストに近いタイムを出し続けた。

 

2016年10月中部実業団駅伝競走。男子10000メートル。7位(日本人1位)と快走。

 

2017年の全日本実業団対抗駅伝競走大会では花の4区を任され、チームは2位と貢献。

スポンサーリンク

服部勇馬マラソンMGCへの経歴

マラソンは2016年に東京マラソンでマラソンデビュー。全体の12位(日本人4位)。2017年東京マラソンでは、日本人4位。

 

2018年12月2日に行われた福岡国際マラソンにおいて、2時間7分27秒の好記録で2004年大会の尾方剛以来、14年ぶりとなる日本人選手優勝。それに伴い2020年東京オリンピック選考会であるMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権を獲得。

 

そしてMGC当日。

 

最初はずっと我慢の2番手集団でラスト近くまで残ります。

 

最後は大本命の大迫傑さんとの一騎打ち。

そしてみごと2位。

東京オリンピック出場内定します。

スポンサーリンク

服部勇馬(マラソン)の年収は

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuma Hattoriさん(@hattyori1113)がシェアした投稿


服部勇馬さんはトヨタ自動車に所属されています。

 

給料は当然トヨタ自動車から支給されます。

 

具体的な年収の額は公表されていませんが、服部勇馬さんはの場合も一般社員と同じ給料体系であり、それにプラスして手当の様なものが支給されるはずです。

 

競技者特別手当にMGCやさらに東京五輪2020代表とまで選ばれてしまうと会社から何らかの臨時ボーナスもありそうですね。

 

一般社員と同じ扱いであれば、服部勇馬さんの年齢であれば月25万円程度といったところでしょうか?これに諸手当が必ず付きます。

 

そう考えると単純に年収400万円は最低ありそうですね。

 

今後東京五輪2020まで何かと収入は入ることを考えれば、今後はさらに年収は上がるのは間違いないですね。

スポンサーリンク

服部勇馬(マラソン)の家族について

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuma Hattoriさん(@hattyori1113)がシェアした投稿

服部勇馬さん家族は両親と4人兄弟。

 

実家は新潟県の十日市町で有限会社服部総業という建設会社を営んでいます。

 

お父さんの服部好位(はっとりよしのり)さんが社長です。お母さんは服部麻里子(はっとりまりこ)さん。

 

兄弟は服部勇馬さんが長男です。下に弟の服部弾馬さん、服部風馬さん、そして長女の服部葉月さんの3人の弟妹がいます。

 

実家には三男の服部風馬さんが入社されたようですね。

 

次男の服部弾馬さんは1年後に東洋大学に入学され、駅伝ではタスキを兄弟でリレーされていました。

 

服部弾馬さんは、現在実業団のトーエネックに入社され、服部勇馬さん同様活躍されています。

スポンサーリンク

服部勇馬(マラソン)の結婚について

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuma Hattoriさん(@hattyori1113)がシェアした投稿

服部勇馬さんの結婚されているか、していなくても彼女はいるのかを調べてみました…。

 

しかし残念ながら結婚に関する情報は見つかりませんでしたので詳細はわかりません。

 

年齢的にもまだ結婚はされていないのかもしれませんね。

 

また結婚していなくても彼女はいつのでは?と思ったのですが結構かっこいい服部勇馬さんなので、どうかな?と思ったのですが・・・。こちらも特に情報は見つけることはできませんでした。

 

今は彼女よりも来年に向けての東京五輪2020に気持ちは向いているでしょうが、今後また何らかの形で公表されることがあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

服部勇馬(マラソン)の経歴や年収は?家族や結婚のまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuma Hattoriさん(@hattyori1113)がシェアした投稿


中村匠吾さんと共に服部勇馬さんは東京五輪2020男子マラソンに日本代表として挑みます!

 

9月15日の服部勇馬さんはマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)でみごと2位。東京オリンピック2020男子マラソン日本代表選手に決まりました。

 

今回は服部勇馬さんの経歴や年収、家族そして結婚について調べまとめてみました。

 

経歴を振り返ると実力の持ち主であり、東京五輪2020が楽しみですね。

 

これから1年間でしっかり調整してさらに万善の体制でのぞんでくれることだと思います。

 

今後まさに目が離せませんね。注目していきたいと思います。

スポンサーリンク