小西真奈美『半分、青い。』全身緑色のコスプレ?で登場!!くりぃむ有田の妹“ぶっ飛んだ主婦”とは?

スポンサーリンク

NHKの朝ドラに小西真奈美さんが帰ってきました!!

 

現在放送されている『半分、青い。』は30年9月末でクライマックスになります。

ドラマ終盤を迎えて追加キャストとして小西真奈美さんも登場しました。

 

小西真奈美さんは『半分、青い。』の中で加藤恵子役として

くりぃむしちゅうの有田さんの妹役で出演することになりました。

くりぃむの有田さんはうさんくさい男として登場していました。

 

小西真奈美さん演じる加藤恵子は全身緑色のコスプレ姿のぶっ飛んだ主婦だとか…。

全身緑色のコスプレ姿?ぶっ飛んだ主婦?なんだかすごく気になります。

加藤恵子役とはどんな役なのか?今後ドラマでどう展開していくのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

小西真奈美追加出演!ドラマ 『半分、青い。』とは?

小西真奈美さん(@manami.official)がシェアした投稿

ドラマ『半分、青い。』は…。

 

1971年(昭和46年)の岐阜県で生まれ

病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(永野芽郁さん)が

高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け

やがて一大発明をなしとげるまでの物語です。

 

高度成長期の終わりから現代~およそ50年という時間の中に

多数の役者がドラマの中で追加され演じて来られました。

 

このドラマが始まったのが2018年4月2日で

9月29日がクライマックスとなるようです。

 

ということは、この時期に追加キャストとなる小西真奈美さんは

これから終盤の大事な役どころ…ですよね。多分…。

なんだか期待してしまします。

 

小西真奈美 全身緑色!加藤恵子役とは…?

小西真奈美さん(@manami.official)がシェアした投稿


ドラマ『半分、青い。』の中で

小西真奈美さんは加藤恵子という役を演じます。

くりぃむの有田さん演じる津曲雅彦の妹であり、主婦という設定です。

 

ただその辺の主婦とは、どうも違うようで廃校を利用したオフィスに1人で

「グリーングリーングリーン」という会社を30歳過ぎて起業されたようです。

 

儲けは二の次。自分の大好きな緑色と手触りに特化した商品を開発しており

当の本人も全身緑色のものをまとい、オフィスも一面緑色で統一している等

すごい~こだわりです。

 

ドラマ『半分、青い。』脚本の北川悦吏子氏からは

加藤恵子は、ぶっ飛んだ主婦の役と言われていましたが

ドラマを見て、思わず納得です。

 

小西真奈美演じる加藤恵子とヒロイン鈴愛との出会いは130話です。

おひとり様メーカーとしてものづくりに関わる加藤恵子は

鈴愛に「人はやる気があれば何でもできます」とエールを送ります。

 

その言葉に思わず鈴愛も「かっこいい!」…。

 

ドラマでは興奮した鈴愛がここで決心します。

「私もおひとり様メーカーになります!」

 

ここで・・・ものつくりにつながるのか~と。

すごい小西真奈美さんの演じる加藤恵子が

鈴愛をラストステージを引き上げてしまいました。

 

かっこいい~。加藤さん!恵子さん!妹さん!~

ただキャラクターはどこかの異次元からきた生き物のようですが…(^^)。

 

しかし~加藤恵子という人物…

ぶっ飛んでいましたが、とってもいい役ですね。

 

スポンサーリンク

 

加藤恵子の影響でおひとり様メーカーを始めようと決意する鈴愛。

しかしすぐに津曲雅彦の会社が倒産し

鈴愛は加藤恵子のレンタルオフィスの隅っこに居場所を借りて

おひとり様メーカーにチャレンジし始めます。

 

しかし商品はほとんど売れず

かっての漫画家みたいにまた諦めかけた時に

佐藤健演じる幼馴染の萩尾律で東京で出会います。

 

そしていよいよラストの大発明!

萩尾律とそよ風の扇風機 共同開発へと動き始めます。

 

そんなヒロイン鈴愛と

レンタルオフィスですっかり仲良くなった

加藤恵子はドラマの中で色々な名シーンがあります。

 

小西真奈美演じる加藤恵子の名セリフ

小西真奈美さん演じる加藤恵子は何も悩みないようなキャラクターですが

実は普通に「この商品売れなかったらどうしよう~」って

悩んでいることを永野芽郁さん演じる鈴愛に話します。

 

実は加藤恵子は

“グリーンパン”を世に出して

大ヒットさせようとする夢があるようです。

 

鈴愛にジャーン~と

『グリーンパンはぜったい成功する!』と

オフィスの垂れ幕に書いてあり

いつも不安になったらみて勇気付けているのです。

 

そしてその後さりげなく名セリフです。

「私ね。疑うより信じた方がいいと思うの。

グリーンパンは売れるだろうか?

いや売れる。きっとみんなに喜んでもらえる。

そう信じることが力になるはずだから・・・。」

 

鈴愛はその時、松雪泰子さん演じる母親の晴の病気のことで

不安になっていたので

疑うより信じるという加藤恵子の言葉に心救われたようです。

 

また加藤恵子は鈴愛のものつくりの才能を早い段階から認めています。

くりいむの有田さん演じる津曲に鈴愛のことを

こんな風に話しています。

 

「(鈴愛は)ちょっと独特の所はある。

普通、伏せるような所を見せてくるから…。

そういう所が何かを生み出す所じゃあないかと思う。

人と違うこと、普通の感覚と違うことって

何かのタネだよね。

そこから花が咲く可能性があるから・・・」

 

なんだか心に染み込むような

ふか~いセリフを淡々と放ちます。結構ジーンとくるんです。

これぞ小西真奈美さんの演技なんでしょうかね?

スポンサーリンク

 

小西真奈美演じる加藤恵子のグリーンパンについて…。

 

View this post on Instagram

 

小西真奈美さん(@manami.official)がシェアした投稿

小西真奈美さん演じる加藤恵子が考えたグリーンパン。

ドラマの中ではあまり気にならなかったのですが

どうもこのグリーンパンも後に何かの発明になるようです。

 

と言うのは、小西真奈美が中村倫也さん(朝井正人役)と9月12日

NHK「あさイチ」に生出演され

冒頭のあいさつで自身の加藤恵子のグリーンパンの

ネタをポロリと言ってしまい、大慌てする一幕があります。

 

小西は「半分、青い。」で全身緑色の加藤恵子役で出演。

長い黒髪がチャームポイントの小西が髪の毛まで緑色にした“キャラ変”が話題となっている。

この日の「半分、青い。」では、恵子が「グリーンパン」を開発しようと

オフィスの壁に「グリーンパンは絶対成功する」と大きく書いているシーンも放送された。

続く「あさイチ」冒頭では、

華丸から「グリーンパンは、メロンパンでしょ?どうせ」という鋭い突っ込みが。

小西は「どうせなんて言わないで下さい~」と笑顔で反論すると

大吉も「よもぎパンかもしれない」とフォローした。

そして小西が「皆さんのいろんなことを集結して作ったパンです!」とポロリ。

華丸から「じゃあ、後ほど出て来るんですね」と「グリーンパン」は実際に開発され

今後、ドラマに出て来ると突っ込むと小西の表情は一変。

「ああ~!」というと両手で口を押さえて「内緒!ごめんなさい!」と大慌て。

「見て下さい!明日以降、明日以降!」と“ネタバレ”を必死にフォローしていた。

引用:ディリースポーツ

でもそれが本当なら正直安心しました。

小西真奈美さん演じる加藤恵子も何かを発明され有名になって欲しかったんです。

「人はやる気があれば何でもできます」って鈴愛に力を与えた加藤恵子です。

ドラマの中でもそんな加藤恵子の成功を見届けたいものです。

 

小西真奈美『半分、青い。』全身緑色のコスプレ登場!くりぃむ有田妹役ぶっ飛んだ主婦のまとめ


NHKの朝ドラ『半分、青い。』追加キャストとして小西真奈美さんが

くりぃむ有田さんと共にドラマの終盤で登場することになりました。

終盤のヒロイン鈴愛の人生の最後の最後でかなりの影響を与える役どころです。

 

全身緑色のコスプレ姿も披露されていますが

コスプレとしては完成度高いように思われます(笑)。

 

そして声も2次元のキャラのようで…。

結構これはこれでキャラとしてはありなのかもしれませんね。

『半分、青い』が青色なので、あえて緑色!?なのでしょうか…。

 

またぶっ飛んだ主婦の加藤恵子(小西真奈美さん)が

思いついたらすぐ行動のヒロイン鈴愛(永野芽郁さん)と出会うことで

大きな化学反応も起こし始めていますね。

 

うさんくさい男津曲(くりぃむ有田さん)と共に終盤のキーパーソンとして登場する

ぶっ飛んだ主婦の加藤恵子(小西真奈美さん)が鈴愛にどんな影響を与え続けるのか?

『半分、青い。』は、どんなクライマックスを向かえるのか?

最後の最後まで本当に楽しみです。

関連記事

小西真奈美 歌声は癒されるって本当!?歌声を動画で聴いてみたら…。

小西真奈美 干された理由とは!事務所移籍の為?性格の為?噂を検証!!

山田真歩 初登場!『半分、青い。』西園寺麗子役(ブッチャーの姉)はどうドラマに絡むのか?!

有田哲平演じる津曲登場『半分、青い。』ドラマ終盤にしてキーマン登場か?

スポンサーリンク