小島千恵美(クレー射撃)年齢や経歴は?結婚や家族についても調査!

スポンサーリンク

クレー射撃の小島千恵美さんが9月7日の『炎の体育会TV(TBS系)』に出演されました。

 

小島千恵美さんはクレー射撃の世界選手権大会の日本代表選手です。

 

今回クレー射撃を得意とする加藤浩次さん&ヒロミさんと『炎の体育会TV』で対決されます。

 

そんな小島千恵美さんの年齢等のプロフィールや経歴、そして結婚しているのか、家族のこと等気になります。

 

そこで小島千恵美さんの年齢(プロフィールも含む)や経歴、結婚や家族について、調べまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

小島千恵美(クレー射撃)の年齢/プロフィールは?

 

名前:小島 千恵美(こじま ちえみ)
生年月日:1979年3月15日
出身地:群馬県
血液型:B型
趣味:サーフィン・スノーボード

 

年齢は2019年9月7日の段階で40歳です

 

小島千恵美(クレー射撃)の経歴は?


小島千恵美さんは、元々はスノーボードの選手でした。

 

1997年のスノーボードのジュニアワールドカップでは、日本人最高位で優勝するほど活躍されていました。

 

1998年スノーボードが初めて五輪競技になった長野オリンピックを目指しますが、なんとその前に大怪我をしてしまいます。

 

怪我は着地時の失敗によるもので、かなりひどく、完治して再び運動が出来るまでは3年は少なくともかかると言われたそうです。

 

ここで小島千恵美さんは、オリンピックへの夢はあきらめたかに見えました。

 

しかし2013年に今度は東京に2020年五輪開催が決定し、子どもの頃からの夢「オリンピック出場」をどんな形でも実現したくて今度はクレー射撃を始めます。

 

クレー射撃はまったくの初めてでしたが、父親が猟師であった為、銃は身近な存在だったようです。

 

小島千恵美さんの地元、群馬県桐生市のまわりには『射撃場』が3つもあったそうで、そんな地を利用してとにかく猛練習。

 

その結果…

2017年9月 福岡県で行われた秋季本部大会で2位

2017年10月 宮城県の全日本女子選手権大会で2位

日本クレー射撃協会の育成強化選手の試験に合格(全国で5人)

2019年はISSF世界クレー射撃選手権大会に日本代表として出場。

実は小島千恵美さんはクレー射撃育成強化選手選考時に右肘を捻挫していました。それでも1ヶ月間は世界選手権予選等があったため、痛みを我慢しながら、無理をして練習を重ね、育成強化指定を掴み取ることはできたようです。

2019年に日本代表として世界大会にも出場された時は46位。日本人選手としては上位の成績でした。

 

本当にすごい選手です。

 

『怪我は治る。そして自分をもっと強くできる』と体幹を強化することで最高のパフォーマンスを発揮し、東京オリンピックで活躍できるよう今はがんばっています。

スポンサーリンク

小島千恵美(クレー射撃)結婚や家族は?

小島千恵美さんの家族は、父、母、妹、小島恵美子さん本人の4人家族。

 

そして小島千恵美さんは既婚者です。

 

すでに結婚されていて、子どもも2人の10歳と8歳の男の子がいます。

 

旦那さんについては残念ながら色々と調べてみましたが特に情報はありませんでした。

スポンサーリンク

小島千恵美(クレー射撃)年齢や経歴は?結婚や家族についてのまとめ


小島千恵美さんが9月7日『炎の体育会TV』に出演されました。

 

今回は加藤浩次さんとヒロミさんとの対決になります。

最初はかなり苦戦していました。加藤浩次さんの方がポイント稼いでいきます。しかし最後に追いつき、サドンデスで加藤浩次さんと対決して見事勝利。

やはり強いです。

 

それにしてもスノーボードからクレー射撃への転身。オリンピックに出場したいという気持ちだけでここまで来られたのは精神力のすごさも感じられます。

 

次の活躍の場は2020年東京五輪。さらなる活躍期待したいですね。

 

関連記事

炎の体育会TV(9月7日)キンプリ平野紫耀×五輪BMX軍の勝負は?動画も

炎の体育会TV(9月7日)マスクマンは誰?競泳日本記録保持者を調査!