俺の話は長い(ドラマ)のキャストや原作は?最終回ネタバレも!

スポンサーリンク

10月スタートの日本テレビ系のドラマ〚俺の話は長い〛で生田斗真さんが主演することがわかりました。

 

『俺の話は長い』は日本テレビ系の土曜日10時の枠、生田斗真さん以外のキャストも気になります。

 

そもそもこのドラマ『俺の話は長い』の原作はあるのでしょうか?最終回はどんな終わり方なのかネタバレも調べて見たくなりました。

 

ということで、今回はドラマ『俺の話は長い』のキャストや原作、最終回ネタバレもまとめてみました。

スポンサーリンク

俺の話は長い(ドラマ)の放送は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tichさん(@tich_tomaikuta)がシェアした投稿

 

放送は10月の土曜ドラマ枠22時から日本テレビ系で始まります。

(現在放送されている『ボイス 110緊急指令室』の後番組になる予定です)

まだ10月何日かまでは不明です。

 

俺の話は長い(ドラマ)のキャストは?

岸辺家

岸辺満(きしべ みつる)役   生田斗真

 

この投稿をInstagramで見る

 

生田斗真さん(@tomaikuta.ai)がシェアした投稿

岸辺家の長男で31歳のニート。大学卒業後、起業するが失敗し自滅。現実逃避の言い訳とへ理屈の天才であり、口げんかでは誰にも負けない。

 

 

岸辺房枝(きしべ ふさえ)役    ??

満の母で61歳。夫亡き後、喫茶店を女手ひとつで経営する。

秋葉家

秋葉綾子(あきば あやこ)役   ??

 

満の姉、37歳。離婚経験者で娘が1人いる。

 

 

秋葉光司(あきば こうじ)役    ??

綾子の現在の夫で、満の義兄、42歳。綾子にはいつも尻に敷かれている。

 

秋葉春海(あきば はるみ)    ??

 

綾子の娘で中学3年生(14歳)

 

 

と、現在(7月26日)生田斗真さん以外のキャストは公表されていません。

 

わかりましたらこちらに追記させていただきます。

 

スポンサーリンク

俺の話は長い(ドラマ)の原作は?

ドラマ『俺の話は長い』の原作はありません。

 

このドラマは脚本を手掛ける金子茂樹さんの完全オリジナルです。

 

金子茂樹さんは「世界一難しい恋」「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」の脚本を手掛けています。

 

「世界一難しい恋」は大野智さん最高でしたね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NANAさん(@nana__775_ko)がシェアした投稿

 

そして「もみ消して冬」は山田涼介さん。みんなにいじられながらも面白いキャラでした。

そういえば先日6月29日放送された『もみ消して冬 2019年夏』面白かったですよねえ。

家族ドタバタのコメディでした。

・・・ということは、今回の『俺の話は長い』もまさに家族ドタバタコメディのようになるのは、間違いないですね。

 

「世界一難しい恋」「もみ消して冬 ~わが家の問題なかったことに~」ともにダメダメ男がテーマのようです。

スポンサーリンク

俺の話は長い(ドラマ)の最終回ネタバレは?

あらすじ

まずは最終回の前に『俺の話は長い』のあらすじを紹介します。

 

主人公の生田斗真さん演じる岸辺満は、母親と実家で2人で暮らす31歳のニートです。

 

母親は父親が残した喫茶店を継いで働いおり岸辺満もその影響で大のコーヒー好きになり起業まで起こします。

 

ですが、そんなにうまくいくことはなく、事業は失敗で失業して以後ニートになります。

 

こうしてニートになった岸辺満ですが、無職の癖にとにかくプライドが高くて妙に強気、現実逃避のいい訳と、屁理屈の天才です。なんやかんや屁理屈をいいながら自分のダメダメぶりをごまかして生きています。

 

そんなある日、結婚した姉、秋葉綾子と夫の秋葉光司とその娘の秋葉春海が
マイホームを建てるために一時的に実家に非難する形で岸辺満の家にやってきて家にやってきて、一緒に住むことになります。

 

家が建つのは約3ヵ月とのこと。ニート生活を満喫していた岸辺満にとっては生活が大きく変わります。

 

そして弟には言いたい放題の姉は、満の屁理屈を「単なる現実逃避」と言い切って岸辺満を責めて、さらには「弟がこうなったのは母さんにも責任がある」と母親までも責めます。

 

そうして姉一家の家が建つ3か月の間の岸辺家のドタバタホームコメディが幕を開けます。

スポンサーリンク

最終回ネタバレ

ドラマ『俺の話は長い』は原作もないので、最終回はどうなるかは今の段階で予測したいと思います。

 

これまで金子茂樹さんの脚本は主役のダメ男ばかりが物語に登場して家族の中で振り回されつつもあたたかい絆のようなもので毎回毎回問題を乗り越えていく話が多いです。

 

なので、“ダメ男だけど、なぜか気になる岸辺満”が強気の姉に対して色々な問題を毎回乗り越えていきながら、岸辺満の些細な成長そして家族の変化を笑いを交えて描いていくことになるのではないかと思います。

 

ニートなので、やはり究極の終わり方としては「自立できるかどうか」でしょうね。

 

そこが難しいところですが、金子茂樹さん自身は自立という個人よりも家族という面にスポットをあてているので、最終回ではまだその自立の過程で終わるのかもしれません。

 

主人公がなんだかんだ一生懸命に自分の人生を生きようとする姿を時には笑い飛ばしながらも明るく楽しく描いていくそんなドラマではないかなと思います。

 

また詳細がわかりましたら、こちらで追記させていただきます。

スポンサーリンク

生田斗真のドラマへの意気込みは?

生田斗真さんは今回のドラマ『俺の話は長い』主演されることに対してのコメントを紹介させていただきます。

生田斗真 コメント
【日本テレビのドラマ初主演が決まったときの感想】
日テレドラマに初めて出演したのが21年前の「LOVE & PEACE」という作品でした。
それから月日が経ち、こうして主演を務めさせていただくのは大変光栄な事ですし、連ドラの主演自体、4年ぶりですので、とても楽しみにしています。日テレドラマは、とてもジャンルが広くチャレンジングな企画も多い印象があり、今回のドラマも枠に囚われない企画になっているので、今からわくわくしています。
“ダメ男”という役柄の印象、役作りについて
脚本家の金子さんとは何度かお仕事を一緒にさせていただいていますが、主人公がまさに“金子茂樹”だな、と思いましたね…(笑)。ただその分、金子さんの作品に対する熱量が伝わってきて、それに全力で応えたい、応えなければ!と思っています。一方で、僕が演じさせていただく岸辺満のダメな部分は、僕にもあるなと…。休みの日なんかはダラダラし過ぎて、何もしてない間に夜になってたとか、髪もボサボサで1日中居たりなんて事もあるので、そういった意味では今までずーっと役作りをしてたと言えますね(笑)。満の持つ脱力的な雰囲気を出せるよう、意気込み過ぎず、肩の力を抜いて演じていきたいと思っています。

【台本を読んだときの印象、感想】
会話劇が中心となっていて、その掛け合いの面白さが醍醐味のドラマになっています。 特に家族のメンバーとのやり取りが中心になっていくので、稽古もしっかりしながら個性豊かな皆さんと良い関係性を作っていきたいなと思います。

【視聴者へのメッセージ】
「揉め事」って、当人にしたら凄く大事な場面なんだけど、他人から見ると「なんでそんな事で!?」とくだらなく思えたり、つい笑っちゃったりする事だったりすると思うんです。このドラマはまさに他人の家族に起きる「お茶の間の茶番劇」を見ていただくドラマになっています。そんな“今日もどこかで起きているであろう揉め事”を笑って見守りつつ、「これって我が家でもあるな…」「こういうヘリクツよく言うかもな…」と、時に自分に当てはめながら見ていただければと思います。10月まで楽しみに待っていてください!
出展:映画ナタリー

このドラマに向けての熱い意気込みが伝わってきますね。

俺の話は長い(ドラマ)のキャストや原作は?最終回ネタバレのまとめ

日本テレビ系のドラマ〚俺の話は長い〛で生田斗真さんが主演されます。

 

ドラマは10月スタートですが、生田斗真さん以外のキャストはまだ公表されていません。

 

今後公表されると思いますので、随時追記させていただきます。

 

またドラマ『俺の話は長い』の原作はなく、脚本家金子茂樹さんの完全オリジナルでした。最終回ネタバレについても今後はっきりすれば追記したいと思います。