[大阪天神祭2019]混雑状況や駐車場は?花火やギャルみこしの情報も

スポンサーリンク

大阪の夏と言えば大阪天神祭です。

 

2019年今年も大阪天神祭の季節がやってきましたね。

 

大阪天神祭は花火やギャルみこしととにかく盛り上がります。

 

さて大阪天神祭で気になるのは混雑状況に車で来られる方には駐車場の場所とかですよね。

 

今回は大阪天神祭の混雑状況や駐車場情報そして花火やギャルみこしについて調べまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

大阪天神祭2019について

 

この投稿をInstagramで見る

 

KOBE MEET TRIPさん(@trip.kobe)がシェアした投稿


大阪天神祭は7月25日(木)です。25日は本宮と呼ばれ、夜は大川(旧淀川)に多くの船が行き交う船渡御が行われます。

 

そして祭りのクライマックスは花火です。

 

7月25日 祭りは13時30分からのスタート(夏大祭)
氏地、氏子の平安を祈り、神霊移御祭で御霊を御鳳輦(ごほうれん)に移す。

 

15時30分は 陸渡御が始まります。これも祭りのメインイベントの1つです。船渡御の乗船場までの神輿渡御に随伴して約4キロを約3000人の行列がみれます。

 

18時には船渡御が始まります。いうまでもなくメインイベントです。

 

船は4種類に分けられ、御神霊をのせた御鳳輦奉安船、催太鼓船や地車囃子船など神に仕える講社の供奉船、神をお迎えする風流人形を飾った御迎船、協賛団体や市民船などの奉拝船、その他どんどこ船や子供どんどこ船、落語船など祭を盛り上げるため自由に航行できる列外船がある。奉安船や供奉船が天神橋のたもとから出航して大川を遡り、反転して下っていきます。

 

そして奉納花火が19時30分から始まります。

 

22時には宮入り(還御祭)と呼ばれ、一団が天満宮に戻り、催太鼓と共に大阪締めを行い、獅子舞が四方清めと本殿へ走りこみ、その後還御祭が本殿で斎行されて祭りは終わります。

スポンサーリンク

[大阪天神祭2019]混雑状況は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

KOBE MEET TRIPさん(@trip.kobe)がシェアした投稿

混雑状況を確認したいと思います。例年約130万人程度の人出がある天神祭りです。

 

会場の最寄り駅は桜ノ宮駅になりますが言うまでもなく大混雑が予想されます。

 

天神祭の一番の混雑時間帯は17時頃です。

 

19時半頃からの花火を目指していい場所をとろうと混雑が起こります。

 

17時過ぎ頃から桜ノ宮駅は大混雑になると思われますので1時間くらい前の16時位には桜ノ宮駅に行けるように余裕をもって動かれることをおすすめします。

 

また行きだけでなく、当然帰りも混みます。

 

帰りは早いと今から見学に来られる方もいますので駅周辺はどうしても混雑してしまいますので、平日ではありますが、もしも余裕があるのでしたら21時30分過ぎまで会場近くでゆっくりされた方が逆に混雑は回避できると思います。

[大阪天神祭2019]駐車場は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tinaさん(@ting_yen0719)がシェアした投稿


大阪天神祭の会場は大阪天満宮になります。

 

大阪天満宮は専用駐車場がありますが、当日は関係者以外使用することができません。

 

やはり大阪天神祭はできれば交通機関を使われた方がよいのでしょうが、事情もあり車で来られる方もいると思いますので近辺の駐車場を一部紹介させていただきます。

 

《タイムズ天満宮別院駐車場》

大阪市北区天満4丁目12−17

*24時間営業 収容台数:64台
*全日:08:00-21:00 30分 200円、21:00-08:00 60分 100円

 

 

《NPC24H天満4丁目パーキング》

大阪市北区天神橋2丁目1−8

*24時間営業 収容台数:21台
*通常料金 30分/200円(8時~20時) 60分/100円(20時~8時)
*平面駐車場・全長5m 全巾1、9m 全高2、30m 総重量2t

 

 

また、あらかじめ予約できる駐車場、Akippaのご利用が便利です。

 

Akippa(アキッパ)とは・・・。

 

軒先パーキングは事前に駐車場を予約して当日スマートにドライブ・おでかけを楽しむことができるサービスです。

 

車でお出かけする方、特に駐車場が混雑してそうな施設に出かける予定のある方にはピッタリなのでご利用ください。


スポンサーリンク

[大阪天神祭2019]花火情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

Johnny🎸さん(@bay98champ)がシェアした投稿


さて花火情報です。

【天神祭奉納花火】
時間:19時30分~20時50分
場所:大川

 

 

大阪天神祭の花火奉納は、川崎公園・桜ノ宮公園の二箇所から打上げ花火を中心に約4,000~5,000発の花火が打ち上げられます。

大川の東エリア(桜ノ宮公園側)は桜宮橋より北側が打上げ場所に近いので、かなり迫力ある花火を見ることができます。

 

大川の西エリア(OAPプラザ・帝国ホテル大阪側)は仕掛け花火が隠れてしまい見えにくいくので人出は少なめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Johnny🎸さん(@bay98champ)がシェアした投稿

スポンサーリンク

[大阪天神祭2019]ギャルみこし情報


大阪天神祭を盛り上げるギャルみこしは7月23日火曜日でした。

 

【ギャルみこし2019日程・コース】
・日程   : 2019年7月23日(火)12:00~17:00
・出発場所 :天神橋筋扇町交差点
(大阪メトロ堺筋線「扇町駅」徒歩1分、JR大阪環状線「天満駅」徒歩3分)
・コース  :天神橋筋扇町交差点から北上、天六奉安所を折り返して南下し、大阪天満宮に宮入。参拝後さらに天神橋筋商店街を北上し、JR天満駅天神橋4丁目の北奉安所前で巡行終了。
【巡行スケジュールの目安】
12:00頃 夫婦橋出発
14:55頃 天満宮宮入
15:30頃 天満宮出発
16:35頃 JR天満駅前到着
17:00頃 フィナーレ
引用:オマツリジャパン

14時30分頃に天神橋筋商店街に「宮入」して天神橋筋商店街の中を通る時が一番の見物スポット。

 

今年も迫力あるギャルみこしでした。

 

【天神祭ギャルみこし2019】

出展:SankeiNews
今年のギャルみこしの動画です↑。やはりいいですね。

 

スポンサーリンク

[大阪天神祭2019]混雑状況や駐車場は?花火やギャルみこしの情報まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

廣田証券さん(@hirota_securities_official)がシェアした投稿


大阪天神祭り2019は7月25日が本宮です。(7月23日ギャルみこしも盛り上がります)

 

花火もあり毎年例年約130万人程度の人出で混雑も予想されます。

 

早め早めそして余裕をもった行動を持ち、天神祭りを楽しんでくださいね。