松本人志|宮迫会見後”動きます”の意味や真相は?ワイドナショー7/21動画も

スポンサーリンク

ダウンタウンの松本人志さんが動きます。

 

7月20日、雨上がり決死隊の宮迫博之さんらが記者会見をされました。

 

吉本興業の後輩芸人も不安の中、松本人志さんの宮迫博之さんら記者会見後につぶやいた“動きます”の意味が気になります。

 

また7月21日『ワイドナショー(フジテレビ系)』で真相はどこまでわかるのでしょうか?

 

今回は松本人志さんが、宮迫博之さんらの会見後”動きます”の意味や真相。そして『ワイドナショー』での動画も放送後調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

松本人志|宮迫会見後”動きます”の意味や真相は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

松本人志さん(@hitoshi__matumoto)がシェアした投稿

 

ダウンタウンの松本人志さんは、7月20日の宮迫博之さんと田村亮さんの記者会見を大阪の番組収録中に観て、事態の収拾を決断され、Twitterに「動きます」とつぶやき、急遽収録録後に新幹線で帰京され、吉本興業の大崎洋会長や岡本昭彦社長とその夜に緊急会談を行いました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukie🇯🇵さん(@yukie_zerochatobleuet)がシェアした投稿

ついに松本人志さんが動かれました。

 

松本人志さんが動かれる原因にもなった吉本興業の社長の岡本昭彦さんは、ダウンタウンの元マネージャーです。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで(日本テレビ系)』にも何度か登場したことがある人です。


当時は・・パンツ1丁で猫を抱いて登場する等、ユニークなマネージャーでした。

社長になってからもダウンタウンには、何となくいじられていたりしています。

・・・もちろんこれはお笑いの領域の話です。

 

 

でも今回のお話はお笑いの領域ではありません。

 

今回の件で岡本昭彦社長の関連記事も書かせていただいています。

こちらです⇒岡本昭彦(吉本興業社長)が会見させない理由は何?今後の対応はどうなる?

 

スポンサーリンク

 

松本人志 岡本昭彦社長らと緊急会談

さて今回、テレビ関係者によると、大阪の番組収録中に記者会見の中継を見た松本人志さんは…

 

「何でこんなことになるのか。大事な芸人を辞めさせてどうするのか、と心を決めたようです」

 

そして松本人志さんは、ダウンタウンを育てた親の大崎洋会長と、元マネジャーでもある岡本昭彦社長に対して緊急会談を仕掛けます。

 

松本人志のワイドナショー(7月21日)生放送

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshimi Watanukiさん(@yoshimiwatanuki)がシェアした投稿


そして7月21日は自身の番組『ワイドナショー』の放送日です。

 

松本人志さんはMCの東野耕司さんに連絡を取り、急遽7月21日の放送の内容を一部生放送にすることに決めました。

 

この『ワイドナショー』で今回、松本人志さんから今回のことについての真相が明らかになるのかなと思われます。

 

『ワイドナショー』の内容についてはまたこちらでも追記したいと思います。

 

松本人志|ワイドナショーの真相と動画は?

7月21日の『ワイドナショー』で松本人志さんは、宮迫博之さんらの記者会見を見ていて、知らなかった事実はあまりにも多すぎて、このままではいけないと思い、動いたようでした。

知らなかった驚いた部分というのは、宮迫博之さんや田村亮さんがあれだけ悪いことをしたから謝りたいと言っているのに岡本昭彦社長は会おうともしなかったようです。

 

すべては弁護士を通して、放置して、記者会見をさせてもらえない、記者会見するのなら会社の台本通りのやり方でというもので、そんなやり方では何の意味もないし、時代を読み間違えた会社だなと寂しそうに語られていました。

 

吉本興業は日本の人たちを面白くする楽しませる会社であるので。もうこの2か月くらい面白くないし、後輩芸人もみんな暗く不安になったいると松本人志さんは感じていおられたようです。

 

本当に吉本興業が宮迫博之さんらが記者会見したいと話していたのでさせようとしなかったのか?
吉本興業はしてしまった失敗はもうひっくり返すことはできないので、静観しておきましょうと本当に言ったのか?
良心の呵責に耐えられなくなって、田村亮さんが謝罪会見したいと直訴した、田村亮さんに対して「するなら連帯責任でみんなまとめてクビにする」と本当に言ったのか?

 

MCの東野耕司さんはその辺りは吉本興業からの言い分も聞いていないので、本当のところはまだわからないと濁しながらも、松本人志さんは「いつからそんなに偉そうになったんだと・・。会社は芸人ファーストであり、育てるのがあなたたちでしょ。というのは絶対に言っていかないといけない」と語られました。

 

ここで初めて出てくる話として、6月23日頃に吉本興業に松本人志さんが宮迫博之さんらの詳細を確認されたようです。
すると吉本興業の会社から
「みんながお金をもらったと認めたとわかった」と告げられたそうです。
ただその際に「ちょっと静観します」と松本人志さんにも出ていたようでした。

 

それを聞いた松本人志さんは、
「ならば、吉本興業に僕はいたくない。こんな会社ではダメやと思うから・・」と告げられたそうです。

 

松本人志さんの突然の吉本興業を辞めるという言葉に会社もおおいに反応して、その翌日6月24日に宮迫博之さんらの謹慎の発表がされたそうです。

 

松本人志さんは自分がやったことは、宮迫博之さんを謹慎に追いやっただけのかな・・と嘆いておられました。

 

そしていよいよ核心部分に話がいきます。

 

昨日7月20日の夜、松本人志さんと東野耕司さんは吉本興業の本社に行かれて何を会長と社長と話したか・・。


松本人志さんは7月20日の夜にとにかく『岡本昭彦社長に会見をさせなさい』と話されたそうです。

 

そして吉本興業内にもう1つ部署をつくってくれと、やらかしたイエローカードの芸人を松本人志さん自身が引き取るからちゃんと芸能界に活かしてやってくれと熱望されたようです。
実は明石家さんまさんもそういった引き受けをされているようです。
(知らなかった・・です)

 

そしてここで岡本昭彦社長が、取り急ぎコメントをされます。

そして・・ワイドナショーは続きます。

 

松本人志さんは宮迫博之さんと昨日電話で話されていたようです。

 

松本人志さんは「きれないですよね」と優しいコメントされました。

 

岡本昭彦社長と宮迫博之さんらが一緒のテーブルで話をすることを求められました。

 

岡本昭彦社長と宮迫博之さんの乳首相撲をすすめてその場でほんわかした笑いを取られました。

東野耕司さんは
宮迫博之さんについては「できれば個人的に帰ってきてほしいし、山のように文句言いたい」
田村亮さんについては「亮の会見は心打たれましたね」とのこと。
本音の部分で2人に戻ってきてほしいという気持ちが伝わりますね。

 

また松本人志さんは、今回宮迫博之さんらに闇営業で仕事を紹介したカラテカ入江さんについても、ひとり輪の外なので、本当は入江さんも入れてゼロにならないのかな?もでていました。
松本人志さんにしてみたらみんなかわいい後輩なんでしょうね。

 

松本人志さんは
「大崎洋会長の進退の話にもしもなったら、その時は僕が止めますし、もし大崎洋会長が吉本興業を辞めることになれば、「僕も辞めます」と語ってくれました。

吉本興業の社員と芸人の関係・・・この松本人志さんの言葉ですべて理解できる気がします。

 

そしてそんな関係である会社にあり続けてほしいと松本人志さんが願っていると思います。

スポンサーリンク

松本人志の影響力は?


今回急遽、事態の収拾する為に吉本興業の大崎洋会長や岡本昭彦社長とその夜に緊急会談を行うだけの力を持っています。さらに若手の後輩芸人からも人望があり、慕われています。

 

 

そして何よりも芸能関係のエンタメ情報バラェティ『ワイドナショー(フジテレビ系)』のレギュラーコメンテーターとして活躍され、松本人志さんのコメントに多くの方が注目されており、SNS等ネット上で話題になるくらいの松本人志さんの影響力を知る意味でみなさんの声を一部紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

松本人志|宮迫会見後”動きます”の意味や真相は?ワイドナショーまとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

エモルさん(@emoru9)がシェアした投稿


7月20日の宮迫博之さん、田村亮さんの記者会見から事態は吉本興業にも注目が集まっています。

 

その事態を収拾しているダウンタウンの松本人志さん。

 

その影響力もさることながら今、このタイミングで即断に吉本興業の大崎洋会長と岡本昭彦社長に夜中に緊急会談を申しだす等、その行動力はさすがですね。

 

さらに7月21日の『ワイドナショー』も生放送にする等して対応しました。

 

「後輩芸人は不安だろうな」という自分が動かないといけないと悟り、動いた松本人志さん。

 

その奥には吉本興業はこうあってほしいという会社に対しての要望もあり、ダウンタウンとして今を育ててくれたからこそ吉本興業をよくしていきたいと動いたのでしょうね。

 

そういえば、宮迫博之さんも田村亮さんも吉本興業には恩しかないと涙を流されて会見されていました。

 

今の自分があるのは吉本興業のおかげだと、自身の会社のことを今の状態であってもそう言い続けるのは素晴らしいことですね。

 

 

関連記事

岡本昭彦(吉本興業社長)が会見させない理由は何?今後の対応はどうなる?