谷口茉夕(たにぐちまゆう/柔道)経歴は?家族や姉妹についてもチェック!

スポンサーリンク

谷口茉夕(たにぐちまゆう)さんが『ミライモンスター(フジテレビ系)』に登場します。

 

『ミライモンスター』は未来の金のタマゴを応援する番組です。

 

谷口茉夕(たにぐちまゆう)さんは柔道の未来の金のタマゴ。では柔道ではどんな経歴や実績なのでしょうか?

 

そして谷口茉夕(たにぐちまゆう)さんは大家族だということですが、その中に姉の谷口由夏さんや妹の谷口由莉さんもすごい経歴や実績もあるスポーツ家族のようなのです。

 

今回は谷口茉夕(たにぐちまゆう)さんの経歴や実績そして家族について、姉の谷口由夏さん、妹の谷口由莉さん等の姉妹についても調べまとめていこうと思います。

スポンサーリンク

谷口茉夕(たにぐちまゆう/柔道)のプロフィール

 

名前:谷口茉夕(たにぐちまゆう)

年齢:現在17歳。

身長;詳細不明。165~170㎝程

体重:詳細不明。階級は48㎏級。

出身地:大阪府平野区

 

谷口茉夕(たにぐちまゆう/柔道)の経歴は?

谷口茉夕さんは幼稚園の年中の頃から柔道を学び始めています。

幼稚園の年長でブラジリアン柔術も学び、小学校1年生からレスリングを習っています。

 

以降は柔道とレスリングと2つの経歴・実績を重ねていきます。

 

小学1年の時に柔道:大阪府下柔道大会で3位。
小学5年の時に柔道:南地区柔道大会3位、阿倍野区民柔道大会2位。
小学6年に時にレスリング:押立杯女子の部 優勝、新宮大会5・6年重量級 準優勝、全国少年少女レスリング大会40kg級3位、茨木大会男女混合 準優勝。柔道:南地区柔道大会 優勝・・・。

 

とここまでが小学校時代の経歴です。
柔道とレスリングを交互に賞を取っていますね。

 

中学生になると
中学3年:レスリング クィーンズカップ48キロ級 優勝、JOCカデットの部49キロ級 3位

 

高校生になると
高校2年:2017年11月大阪高校柔道新人柔道大会 兼 近畿大会予選 女子個人 48キロ級 優勝
高校3年:2018年全国高等学校柔道選手権大会 48キロ級 大阪府代表として出場権を獲得(初戦敗退)

 

現在、近畿医療専門学校に進学されています。

 

近畿医療専門学校に入学してケガの治療方法だけではなく、ケガをしない体づくりを学びながら、自分自身でも柔道を頑張ってオリンピックを目指したいとのことのようです。

 

スポンサーリンク

谷口茉夕(たにぐちまゆう/柔道)の家族について

谷口茉夕さんの家族は総員10名の大家族です。

両親と1男7女の大家族で谷口茉夕さんは2番目の次女です。

ここでは各家族をまとめてみました。

谷口隆志(谷口茉夕さんの父親)

1973年生まれの45歳。

 

谷口隆志さんの特徴としては、大学卒業も医療専門学校をいくつか通い、柔道整復師や針灸などの国家資格を多数取得されています。谷口茉夕さんが近畿医療専門学校に進学されたのも父親の谷口隆志さんの影響を受けているのかもしれませんね。

 

自身のスポーツ経験もあり、空手は初段、柔道は初段、柔術は青帯。それなりに学んできたというところでしょうか。どちらかというと、実践しているアスリートに対してサポートをする道にまわったようですね。スポーツジムの運営やプロ野球選手(阪神、西武)とパーソナル契約、大阪医療技術学園専門学校にて非常勤講師で運動学、解剖学、生理学などを教えるなど実に多彩です。

 

そんな父親、谷口隆志さんから谷口茉夕さんは「TTP指導法」という方法を柔道をはじめた頃から徹底した学んだようです。

 

この「TTP指導法」というTTPとは「徹底的にパクる」の意味だとか・・・。

 

とにかく良いと思ったものは徹底的にパクるようにしろ!とのこと。

 

この考え方は、武道、茶道、芸術、スポーツなどにおける修業の理想的なプロセスを3段階で示した「守破離(しゅはり)」の最初の守(しゅ)の段階のことをいっているのだと思われます。

 

やがてそこから自分なりの独自のもの、新しいものを生み出し確立させていく段階にたどり着く訳ですよね。

スポンサーリンク

谷口茉夕(たにぐちまゆう/柔道)の姉妹について

谷口茉夕さんには7姉妹の2番目の次女にあたります。

ここでは他の姉妹の方をまとめてみました。

谷口由夏(たにぐちゆうか)

長女の谷口由夏さんは平成11年(1999年)5月10日生の19歳。

 

小学校の時は柔道に取り組み。地元で負け知らず全国大会にも出場。

 

中学に入りいきなりレスリングに転向。全国大会5度優勝、クリッパン国際大会優勝。しかしレスリング部は廃部して、柔道に再転向されます。

 

2018年4月より岡山県の環太平洋大学体育学科2年生、現在女子柔道部に入学。

 

柔道・柔術・グラップリング・レスリング 全てで世界一を目指しているとのこと。強化選手に選ばれ、東京オリンピックで期待できる選手のようです。

 

実は2017年『ミライモンスター』にも登場されています。

 

谷口由莉(たにぐちゆうり)

三女の谷口由莉(たにぐちゆうり)さんは14歳、中学2年生です。

 

レスリングは幼稚園の年長、柔道は幼稚園の年長から始めています。

小学校の時からレスリングと柔道で数々の賞を受賞する等、すばらしい経歴をすでに重ねているようです。

谷口姉妹の中でNO1の柔道大好きだとか・・・。柔道センスもいいようです。

 

実は谷口由莉さんも2018年『ミライモンスター』に登場されています。

 

スポンサーリンク

谷口茉輝(たにぐちまき)

四女の谷口茉輝(たにぐちまき)さん12歳、小学6年生です。

 

レスリングは幼稚園の年中、柔道は幼稚園の年長から始めています。

 

2024、2028年 オリンピックをターゲットにした全国競技者育成合宿(2018年2月開催)に全日本柔道連盟から召集を受けたとか・・。まさに未来の金のタマゴです。

 

谷口睦稀(たにぐちむつき)

五女の谷口睦稀(たにぐちむつき)さん。11歳で小学5年生。

レスリングは幼稚園の年長、柔道は小学1年生から始めています。

若きして世界に近い柔道のセンスを持っているとか・・。

 

谷口英里(たにぐちえり)

六女の谷口英里(たにぐちえり)さん、8歳で小学2年生。

 

今年から急に柔道をやりたいと言い出し、練習をスタートしたとのこと。

まさにこれからですね。

 

谷口輝夏(たにぐちきか)

七女の谷口輝夏(たにぐちきか)さん、3歳です。

お姉ちゃんの様子を見て、トレーニングの真似っ子を開始。柔道の構えをするようになったとか…。

ある意味、姉妹の中で一番始めるのが早い形になるのでしょうか。

 

弟と母

後・・・。

弟(長男)の谷口獅宗(たにぐちししむね)くん。まだ0歳。

すでに家にあるトレーニング用具で遊び始めているとのことです(^^♪。

 

そして大家族を支える母であり、谷口茉夕さんの母親の谷口史子(たにぐちふみこ)さん、45歳です。

 

谷口茉夕さんを出産された直後、谷口隆志さんが生死をさまようような状態に陥っていたという出来事があったそうです。谷口史子さんはその時に生命の大切さを感じたのだと思います。

 

その後子宝にも恵まれ、現在は子育てに奮闘している日々のようですね。

 

ある意味、谷口家を根底から支えている存在であるのは間違いなく、谷口茉夕さんを始め、家族みんなが谷口史子さんの大きな愛情を受けて育っているのでしょうね。

スポンサーリンク

谷口茉夕(たにぐちまゆう/柔道)経歴は?家族や姉妹についてのまとめ

今回は谷口茉夕さんの経歴や家族や姉妹について、まとめさせていただきました。

 

しかし谷口茉夕さんを含め、谷口由夏さんや谷口由莉さんら姉妹、いや家族全員がすでに『ミライモンスター』に登場していたとは驚きです。

 

レスリングや柔道に数々の経歴、実績を重ね、将来性抜群の谷口茉夕さんら谷口一家。今後もまだまだ『ミライモンスター』の番組を始め、多くのメディアに注目されることだと思います。

 

また谷口茉夕さんは、今年2019年から近畿医療専門学校に進学されています。

ケガの治療方法だけではなく、ケガをしない体づくりを学びながら、自分自身でも柔道を頑張ってオリンピックを目指したいとのこと。大きな夢をどんどん実現しようと奮闘中です。

 

今後の谷口茉夕さん、そして谷口一家の活躍に期待したいとですね。

スポンサーリンク