[RIZIN16神戸6月2日]試合結果速報と選手の経歴一覧!画像も調査

スポンサーリンク

話題沸騰の格闘技の祭典『RIZIN16』が神戸で6月2日開幕です。

 

令和最初の大会であり、であり、今回の神戸は関西初上陸。

 

神戸ワールド記念ホールで『RIZIN.16』をフジテレビ系で19時から生中継されます。

 

今回は神戸で6月2日開幕の『RIZIN16』の中で、今回試合で話題になっているのが、那須川天心選手のISKA世界フェザー級タイトルマッチ。そして初代RIZIN女子チャンピオンの浜崎朱加選手、そして浅倉カンナ選手や山本美憂選手等女子選手。その勝敗や経歴が気になりますね。

 

そこで今回は①マーティン・ブランコ選手vs那須川天心選手、②浜崎朱加選手vsジン・ユ・フレイ選手、③浅倉カンナ選手vs山本美憂選手の3試合6人の選手の試合結果と各選手の経歴を調べまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

[RIZIN16神戸6月2日]について

日本の総合格闘技イベントとして『K-1』に並ぶ人気を誇る『PRIDE』の主催していたドリームステージエンターテインメント(DSE)の代表榊原信行により2015年旗揚げ。

 

『RIZIN』は総合格闘技(MMA)ルールが主体の大会ですが、K-1などのキックボクシングルール、シュートボクシングルール、MMAルールとキックルールを交互に行うミックスルール、グラップリングルールなど様々なルールの試合も行います。また『PRIDE』には無かった女子格闘技も実施されます。

 

2019年は6大会予定されており、4月21日横浜アリーナ―で『RIZIN15』開催され、今回の神戸は『RIZIN16』と称され関西初の大会となります。

 

対戦カード

第1試合
憂也 vs. 田中STRIKE雄基

第2試合
植山征紀 vs. 拳剛

第3試合
一刀 vs. 中村寛

第4試合
征矢貴 vs. 川原波輝

第5試合
山口裕人 vs. 白鳥大珠

第6試合
山本アーセン vs. ティム・エスクトゥルース

第7試合
国崇 vs. 堀尾竜司

第8試合
魚井フルスイング vs. カナ・ハイアット

第9試合
ダロン・クルックシャンク vs. トフィック・ムサエフ

第10試合
中村優作 vs. トップノイ・タイガームエタイ

第11試合
ロッキー・マルティネス vs. ジェイク・ヒューン

第12試合
浅倉カンナ vs. 山本美憂

第13試合
浜崎朱加 vs. ジン・ユ・フレイ

第14試合
マーティン・ブランコ vs. 那須川天心

 

放送はフジテレビ系にて19時より21時までの生放送。

 

第12試合から第14試合の3試合を生中継されます。

 

スポンサーリンク

[RIZIN16神戸6月2日]第12試合 浅倉カンナ vs. 山本美憂

第12試合は、女子MMAルール 女子スーパーアトム級ワンマッチ(49.0kg契約)。5分3Rの勝負です。

 

【試合結果】

女子MMAルール 女子スーパーアトム級ワンマッチ 

勝 者  山本美憂  判定勝ち(3-0)

敗者になってしまった浅倉カンナさんの試合後のインタビューです。

とても悔しそうなのが伝わってきます。

出展:RIZIN FIGHTING FEDERATION

浅倉カンナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅倉カンナさん(@a_kanna_)がシェアした投稿


本名:浅倉 栞南
生年月日:1997年10月12日(21歳)
出身地:千葉県
所属:パラエストラ松戸
身長:158cm
体重:48kg
階級:アトム級
バックボーン:レスリング、ブラジリアン柔術
出展:Wikipedia

父親の影響で幼い頃からレスリングを始め、小学校高学年から『東京ゴールドキッズ』に所属。高校進学後はシュートボクシングのRENA選手の試合を見て格闘家への夢を膨らませます。

 

2014年10月4日、17歳で総合格闘技のプロデビュー戦を行い白星で飾る。

 

2016年12月29日、RIZINデビュー戦となった『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND』にてアリーシャ・ガルシア選手と対戦。判定負け。

 

 

2018年5月6日、『RIZIN.10』でメリッサ・カラジャニス選手と対戦し、3-0の判定勝ち。

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅倉カンナさん(@a_kanna_)がシェアした投稿

必殺関節技!決まっています。

2018年7月29日、『RIZIN.11』でRENA選手と対戦し、3-0の判定勝ち。


試合前のコメントに心躍ります。

2018年12月31日、『RIZIN.14』のRIZIN女子スーパーアトム級初代王座決定戦で浜崎朱加選手と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本負け。

 

そして今回、その浜崎朱加選手に敗れた山本美優選手との対戦となります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

浅倉カンナさん(@a_kanna_)がシェアした投稿

山本美優

通称:Fighting Queen Bee
国籍:カナダ
生年月日:1974年8月4日(44歳)
出身地:神奈川県川崎市
所属:KRAZY BEE
身長:156cm
体重:49kg
階級:ストロー級
バックボーン:レスリング
出展:Wikipedia

2016年8月1日、総合格闘技への参戦を表明。

 

2016年9月25日、42歳にして総合格闘技デビュー戦となった『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 開幕戦』でRENA選手と対戦。


アームトライアングルチョークで一本負けと、きびしいデビュー戦となりました。


公開練習でもかなり力入っています。42歳。年齢だけで言えばすごいことです。

 

2016年12月31日、『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント FINAL ROUND』でOTC女子ストロー級王者アンディ・ウィン選手と対戦。

最終的には腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫してしまいます。

 

2018年7月29日、『RIZIN.11』で石岡沙織選手と対戦。


ここではなんとか、判定勝ちを収めます。

 

これまで課題の関節技への対応も上達を見せるなど、総合格闘家として進化を見せた試合だといわれています。

 

2018年9月30日、『RIZIN.13』でアンディ・ウィン選手と再戦。

何度もテイクダウンを決め、グラウンドで圧倒して判定勝ち。リベンジを果たします。

 

2018年12月31日、『RIZIN.14』で長野美香選手と対戦。

3-0の判定勝ち。

 

ここしばらくの試合を見ていると年齢を超えた総合格闘家としての新たな進化を果たしているのがわかります。

 

スポンサーリンク

[RIZIN16神戸6月2日]第13試合 浜崎朱加 vs. ジン・ユ・フレイ


第13試合は女子MMAルール RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ(49.0kg契約)です。 5分3R 肘あり。

 

【試合結果】

女子MMAルール RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ 

勝 者  浜崎朱加判定勝ち(3-0)

 

この投稿をInstagramで見る

 

浜﨑朱加 Ayaka Hamasakiさん(@ayaka0331)がシェアした投稿


最後の打撃の連打は迫力ありました。圧倒的な判定勝ちで勝利です。

浜崎朱加

 

この投稿をInstagramで見る

 

浜﨑朱加 Ayaka Hamasakiさん(@ayaka0331)がシェアした投稿


本名:浜崎 朱加
生年月日:1982年3月31日(37歳)
出身地:山口県
所属:AACC
身長:158cm
体重:48kg
階級:ストロー級→アトム級
バックボーン:柔道
出展:Wikipedia

2008年、AACCに入門し、総合格闘技のトレーニングを始めます。

 

2009年より日本の女子総合格闘技大会『JEWELS』に所属し、2010年12月17日JEWELS王座獲得。

 

2012年よりアメリカの女子総合格格闘技団体に身を置き、2015年7月10日Invicta FC世界アトム級王座獲得。

 

2018年5月6日、RIZIN初参戦。『RIZIN.10』でアリーシャ・ガルシア選手と対戦。


判定勝ちをおさめます。

 

2018年9月30日、『RIZIN.13』でDEEP JEWELSアトム級王者の黒部三奈選手と対戦。


キムラロックで一本勝ちとなります。

 

2018年12月31日、『RIZIN.14』のRIZIN女子スーパーアトム級王座決定戦で浅倉カンナ選手と対戦。

腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。初代王座獲得に成功します。

 

・・・そして今回の挑戦者がジン・ユ・フレイ選手になります。

 

 

ジン・ユ・フレイ

 

この投稿をInstagramで見る

 

RIZIN FF OFFICIALさん(@rizin_pr)がシェアした投稿


国籍: アメリカ合衆国
生年月日:1985年5月20日(34歳)
出身地:テキサス州アーリントン
所属:モーラーMMA
身長:157cm
体重:48kg
階級:アトム級
バックボーン:総合格闘技
出展:Wikipedia

2013年4月6日、プロデビュー。

 

2014年9月6日、Invicta FCデビュー戦となりInvicta FC 8でジョディ・エスキベルと対戦。1-2のスプリット判定負け。

 

2018年7月21日、Invicta FC世界アトム級女王決定戦でミナ・グルサンデルと対戦。3-0の判定勝ちで世界王座獲得。

 

今回2019年6月2日『RIZIN16』にて浜崎朱加選手にRIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチに挑戦者として立ち向かいます。

スポンサーリンク

[RIZIN16神戸6月2日]第14合  マーティン・ブランコ vs. 那須川天心


第14試合のファイナルマッチはISKAユニファイドルール ISKA世界フェザー級タイトルマッチ(57.0㎏契約)。3分5R。

 

【試合結果】

ISKA世界フェザー級タイトルマッチ

勝 者 那須川天心  2RKO


3つ目のベルトISKA世界フェザー級チャンピオンになります。

 

しかし強すぎますね。オーバーハンドがすごい威力で、マーティン・ブランコ選手の額を切ります。

 

その後ボディのミドルキックで初めてのダウン。その後もダウンを重ね決着がつきます。

 

これで30戦30勝。

 

まだ満足していない、さらに上の世界を目指したいとさらなる意欲をみせます。完勝です。

 マーティン・ブランコ

名前: マーティン・ブランコ
出身地: アルゼンチン
生年月日ː 1989年3月10日
身長: 165cm
体重: 57.0㎏
所属:  LA PALESTRA KBOX
デビュー:2014年

 

マーティン・ブランコ選手の経歴を調べてみると、とにかくすごいです。

2014年 WAKOパンアメリカン54㎏級王座
2016年 WKF世界キックボクシング(フリースタイルルール)54㎏級王座
WKF世界K1ルール54㎏級王座
K BOXサウスアメリカ地区54,5㎏級王座
WAKOアルゼンチン54㎏級王座
WKFアルゼンチン54.5㎏級王座
ISKAアルゼンチンバンタム級王座
2018年 ISKA世界バンタム級世界王座

2014年25歳の時にプロデビューしてすぐにWAKOパンアメリカン54㎏級王座です。

 

ISKA世界フェザー級タイトルマッチです。

 

調べてみたらマーティン・ブランコ選手はISKA世界フェザー級ではなく、バンタム級のチャンピオンです。

 

アメッド・フェラージ選手の逃亡により空位となったISKA世界フェザー級をかけてマーティン・ブランコ選手と那須川天心選手が戦うことになります。

 

でもそう考えるとISKAフェザー級は56.5-58.2kg、バンタム級は53.3-54.5kgなので、マーティン・ブランコ選手は増量してこの試合にのぞんでいることになります。

 

那須川天心

 

この投稿をInstagramで見る

 

笠島滉聖 サブ垢さん(@sabuakasajima)がシェアした投稿


本名:那須川 天心
通称:神童、キックボクシング史上最高の天才、ライトニングレフト
階級:バンタム級・フェザー級(RISE)
スーパーバンタム級・フェザー級(ムエタイ)
フライ級(総合格闘技)
国籍: 日本
誕生日:1998年8月18日(20歳)
出身地:千葉県
身長:168cm
体重:58kg
スタイル:極真空手、キックボクシング
出展:Wikipedia

2014年7月12日、RISEバンタム級7位の現役ランカー有松朝選手と対戦という破格のプロデビュー戦。

試合は1ラウンド58秒でKO勝ち。

 

デビュー戦からすごい試合を見せてくれます。

 

2016年3月26日、ISKA世界バンタム級王座決定戦でフレッド・コルデイロ選手と対戦。最後まで攻め続け、3-0の判定勝ちを収め、プロ13戦目の17歳にして世界王座を獲得します。

 

2016年12月29日、さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント 2nd ROUND』でRIZINに初めて参加します。総合格闘技(MMA)ルールのデビュー戦でテコンドー欧州王者ニキータ・サプン選手と対戦。

結果的に右手を負傷しながらもKO勝ちを収めます。


しかしまだ何か足りないものを感じたのか…
試合直後のマイクパフォーマンスで、那須川天心選手は「もう1試合組んでください」と2日後の大晦日大会への参戦をRIZIN統括本部長の高田延彦さんに対して直訴されます。

RIZINは慎重に検討。しかし本人の熱意に負けて12月31日、中1日の『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント FINAL ROUND』でカウイカ・オリージョ選手と対戦することになります。


負傷した右腕にはテーピングを施して臨むものの曲がらないため、打撃で終始対応。

 

最後は左腕をカウイカ・オリージョ選手の首に巻き付けて右腕で一気に絞め上げタップを奪い一本勝ちを収めます。

 

 

2018年9月30日、RIZIN.13にて、元UFC世界フライ級3位でRIZINバンタム級2017王者の堀口恭司選手と対戦。

 

1ラウンドから両者ともに高速の打撃を打ち合いながらもお互いのパンチが全く当たらないハイレベルな攻防が展開。最終第3ラウンドに那須川天心選手の右ジャブが徐々に当たり始め、中盤に胴回し回転蹴りが堀口恭司選手の顔面にクリーンヒットし、グラついたところに追撃の左ストレートもヒット、これが決定打となり、3-0の判定勝ちを収めます。

 

2018年12月31日、さいたまスーパーアリーナで開催された『RIZIN.14』で、ボクシング50戦50勝(27KO)、史上初めて無敗で5階級制覇を成し遂げたフロイド・メイウェザー・ジュニア選手とボクシングルールのスペシャルエキシビション(3分3ラウンド)で対戦。結局、この時は那須川天心選手は1Rに3度のダウンを奪われ2分19秒でTKO負けを喫します。

 

 

そんな那須川天心選手、今回はマーティン・ブランコ選手と対戦です。

 

[RIZIN16神戸6月2日]試合結果速報と選手の経歴一覧まとめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

柏のとんきさん(@tonkino_oneisan)がシェアした投稿


『RIZIN16』が神戸で6月2日開幕です。

 

『RIZIN.16』はフジテレビ系で19時から21時まで生放送されます。

 

今回はテレビでも生中継される注目の3試合①マーティン・ブランコ選手vs那須川天心選手、②浜崎朱加選手vsジン・ユ・フレイ選手、③浅倉カンナ選手vs山本美憂選手の3試合6人の選手の試合結果と各選手の経歴を調べ、まとめてみました。

さてどんな試合結果になるのか、楽しみですね。

 

関連記事

浅倉カンナ(総合格闘家)の戦歴や強さの秘密は?かわいい画像や動画も

 

 

那須川天心選手に興味ある方は

こんな本いかがですか?
vb

 

 

 

 

スポンサーリンク