【ソフトバンク2019CM/令和5月1日】新時代篇の出演者(キャスト)は?動画も調査

スポンサーリンク

2019年5月1日、平成から令和に元号が変わりました。

 

ソフトバンクの新テレビCM「新時代」篇が2019年本日令和になった5月1日から全国で放送されました。

 

結構かっこいい感じのCMです。さすがはソフトバンクのCMです。

 

今回はソフトバンクの令和になって新しいCM「新時代」篇の出演者キャストをまとめてみました。

 

もちろん動画も紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

【ソフトバンク2019CM/令和5月1日】新時代篇について

それではさっそくソフトバンク2019令和5月1日になって初めてのCMを紹介します。

出展:ソフトバンク(SoftBank)

 

CMでは、生き物のように手をすり抜けて街中を縦横無尽に駆け回るスマートフォンに翻弄されるというストーリーになっています。

 

「スマホはどこまでも進化する」

まさにスマホの進化を、スマホがまるで生きているように街中を駆け回ります。

 

「スマホに使われるか、使いこなすか」

スマホで生活のあらゆることが便利になった現代、まさに今回のCMで伝えたいメッセージですよね。

 

スポンサーリンク

【ソフトバンク2019CM/令和5月1日】新時代篇の出演者について

宮本浩次

 

View this post on Instagram

 

miyajinさん(@yasukorin612)がシェアした投稿

今回のCMの主人公は宮本浩次さんです。

進化?して動き回るスマホに振り回されます。

 

そんな宮本浩次さんはロックバンド・エレファントカシマシのボーカリストです。

 

View this post on Instagram

 

tomoさん(@paoko384)がシェアした投稿

CM内で聞えてくる歌も担当されています。

曲名:解き放て、我らが新時代
アーティスト:宮本浩次
作詞・作曲:宮本浩次

 

広瀬すず

 

View this post on Instagram

 

ゆ:)さん(@suzu_grm)がシェアした投稿

スマートフォンを追いかけることに夢中になり過ぎて周りが見えなくなった宮本浩次さんに巻き込まれる役として、広瀬すずさんが登場されます。

 

あっけにとられて驚いている表情がとってもかわいい広瀬すずさんです。

 

【ソフトバンク2019CM/令和5月1日】新時代篇のメイキング

今回のソフトバンクCMの新時代編のメイキングです↓。

出展: oricon

 

今回のCMは撮影場所は11ヶ所、350人以上のエキストラが参加したようです。

 

宮本浩次さんは50メートル以上のダッシュを繰り返したり、ヘッドスライディングを決める場面もあったようです。

 

【宮本浩次さんのCM撮影の感想】
愛着の湧くいろんなシーンがあって、非常に楽しく撮影ができました。撮影中、スタッフのみんなと“スマホくん”という愛称で呼んでいた自分のスマホが、飛んでいくところを一生懸命追いかけたりしながら、コミカルで明るいキャラクターを演じることができて嬉しかったです。“スマホくん”と呼んでしまうほど、私にとっても皆さんにとっても、常に身に着けているスマホは、大切な日常の友人のような存在だと思います。

【広瀬すずのコメントCM撮影の感想】
完成がとても楽しみだなぁと思います。撮影は大変そうだなぁ、、と思いましたが、新元号がテーマのCMはいつもよりも少しワクワクしました。

 

スポンサーリンク

【ソフトバンク2019CM/令和5月1日】新時代篇のまとめ

 

View this post on Instagram

 

柊さん(@tentotento)がシェアした投稿

ソフトバンクが平成から令和に変わり、初めてのCM「新時代篇」が5月1日から全国で放送されました。

 

ソフトバンクは2019元旦のCMの「しばられるな篇」を放送され、そのCMにインパクトで話題を呼びました。

 

今回の「新時代篇」はある意味「しばられるな篇」にもつながるメッセージを発信しています。

 

今回のCMでは出演者(キャスト)として、前回の「しばられるな篇」で登場している宮本浩次さんと広瀬すずさんを起用しています。

 

とても見ごたえのあるそして何か考えさせられるメッセージのあるCMに出来上がっていますね。

 

 

 

今回のCMの主役。

エレファントカシマシの宮本浩次さんのベストアルバム

 楽天からも購入できます↑

 

 

 

関連記事
【ソフトバンク2019元旦CM】しばられるな篇の出演者や評価は?動画も