岡野道子(建築家)『セブンルール』に登場!経歴や作品は?“みんなの家”画像も

スポンサーリンク

岡野道子さんが『セブンルール(カンテレ・フジテレビ系)』に1月29日火曜日出演されます。

 

建築を通して全国の被災地に新たな街づくりに挑戦する建築家岡野道子さんです。

 

『セブンルール(カンテレ・フジテレビ系)』はドキュメントバラェテイ番組です。

 

とってもきれいな方ですが、女性で建築家としての経歴が気になりませんか?

 

経歴だけではなく建築家としてどんな作品を世に残してきたのかも知りたいですよね。

 

また岡野道子さんは作品として被災地の方のために“みんなの家”も設計されています。

 

今回は建築家岡野道子さんの経歴と作品を調べ、作品の“みんなの家”の画像も探してみました。

スポンサーリンク

 

岡野道子(建築家)のプロフィール

名前:岡野道子(おかの みちこ)
生年月日:1979年1月
出身地:埼玉県
職業:建築家
出身校:東京理科大学理工学部建築学科
会社:岡野道子建築設計事務所 代表

出展:Wikipedia

 

岡野道子(建築家)の経歴

 

View this post on Instagram

 

Okano Michikoさん(@michiko_okano)がシェアした投稿


東京理科大学理工学部建築学科卒業されて同大学の大学院修士課程を修了しています。

 

その後、伊東豊雄建築設計事務所にて実践を積み、2016年には、岡野道子建築設計事務所を設立して一級建築士として活躍しているようです。

 

同じく2016年に、東京理科大学非常勤講師になられ、2017年には、芝浦工業大学建築学部の特任准教授に就任されます。

スポンサーリンク

岡野道子(建築家)の作品

大学院
2004年: KASAOKA LOUNGE
2004年: スペースブロックハノイモデル
伊東豊雄建築設計事務所
2008年: CapitaGreen/キャピタ・グリーン
2008年: 座・高円寺
2011年: 今治市伊東豊雄建築ミュージアム
2013年: 岩沼みんなの家
岡野道子建築設計事務所
2016年: 益城町テクノ本格型みんなの家
2016年: 檸檬ホテル “lemon hotel”

出展*Wikipedia

これまで数々の作品をに携わってきたようですね。

 

さて今回『セブンルール』では「建築を通して被災地に新たな街づくり」と震災の復興にも関わっている岡野道子さん。

いつ頃からだったのでしょうか?

 

スポンサーリンク

岡野道子(建築家)の作品“みんなの家”

岡野道子さんは2011年に起きた東日本大震災で建築は人を傷つけることにもなることに気付き、大きなショックを受けたそうです。

そして宮城県岩沼市で被災地の集会所“みんなの家”の設計に参加し、現地の住民の方たちと触れ合います。

建築家の伊東豊雄先生のもとで“みんなの家”の設計に関わっていきます。

そして事務所を立ち上げ独立。
2016年の熊本地震の復興事業の一環として益城町テクノ本格型みんなの家に関わります。

 

甲佐町営の災害公営住宅や集会所・子育て支援住宅なども提案され…

2017年 「甲佐町住まいの復興拠点施設整備事業」プロポーザル最優秀賞を受賞します。完成予定は2020年のようです。

 

 

まさに『セブンルール』の予告通り、被災地にあらたな街づくりを実践されています。

スポンサーリンク

岡野道子(建築家)『セブンルール』に登場!のまとめ


『セブンルール』に出演されている岡野道子さん。カッコいいですね。

 

建築家の岡野道子さんはこれまで被災地にあたらしい街づくりという視点で“みんな家”の設計に関わってきました。

 

今もまさに被災地の為に奮闘されています。

 

今回はそんな岡野道子さんの経歴や作品についてまとめてみました。

 

『セブンルール』は1月29日23時より関西・フジテレビ系で放送です。