森田歩希(もりたほまれ/青学)箱根駅伝2019補欠の理由は?当日何区走るのか?

スポンサーリンク

第95回東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根駅伝)に出場する全23チームの区間エントリーが発表されましたね。

 

ようやく誰がどこの区間を担当すするのか、ライバルは誰かがお互い意識できるようになりました。

 

と・・ところが、

 

青山学院大学のエースの森田歩希(もりたほまれ)さんが区間エントリーされていない…。補欠で登録されるとのこと。

 

エースで主将の森田歩希(もりたほまれ)さんが補欠??これは青山学院大学にとっては大変なことです。

 

今回はその補欠の理由や箱根駅伝で補欠に回った森田歩希(もりたほまれ)さんですが当日走ることはあるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

森田歩希(もりたほまれ/青学)選手について

 

View this post on Instagram

 

ゆうちゃんさん(@yuchan0925)がシェアした投稿

名前:森田歩希(モリタ ホマレ)
競技:陸上競技
種目:中距離走・長距離走
大学:青山学院大学社会情報学部
生年月日:1996年6月29日(22歳)
生誕地:茨城県守谷市
身長:169cm
体重:54kg

出展:Wikipedia

大学2年生の時(2016年度)

大学三大駅伝デビュー。

2016年全日本大学駅伝で6区で区間賞を獲得し、MVPに輝く。

2017年の第93回箱根駅伝では4区を区間2位で駆け抜け箱根3連覇と大学駅伝3冠に貢献。

 

大学3年の時(2017年度)

神奈川ハーフマラソンで自己ベストを更新する1時間2分46秒で3位入賞。

第49回全日本大学駅伝では4区に抜擢され区間3位。

2018年の第94回箱根駅伝では2区を走り、日本人歴代6位の1時間7分15秒のタイムで区間賞を獲得。

 

大学4年の時(2018年度)

青学大陸上部の主将を務める。

2018年10月の第30回出雲駅伝では3区は区間2位。

2018年11月の第50回全日本大学駅伝対校選手権大会では7区を担当、区間2位の記録で首位を守る。

そして今回の第95回箱根駅伝・・・まさかの補欠です。

12月半ばの箱根駅伝壮行会では主将らしく元気に挨拶していたのに…。

何があったのでしょうか?

スポンサーリンク

森田歩希(もりたほまれ/青学)箱根駅伝2019の補欠の理由は?

 

View this post on Instagram

 

@p2t5_がシェアした投稿


今回の森田歩希(もりたほまれ)さんの箱根駅伝補欠になった理由については、青山学院大学の監督の原晋監督によると

「左股関節付近を故障した」ということらしいです。

 

それ以上の細かい情報はわからないようです。

 

左股関節付近を故障?どう故障したのでしょうか?

 

走れないくらい?

 

走れたとしても満身創痍ではないので、区間を任されられない・・・。

 

ああ~大変だあ~青山学院大学ピンチと思うのですが、

 

当の原晋監督は他の担当する区の選手が調子がいいので別に森田歩希(もりたほまれ)さんいなくても選手層の厚さで勝てるとのことだそうです・・。

 

青山学院大学の区間エントリー(12月29日発表の段階)

 

View this post on Instagram

 

フジワラさん(@___aoyamagakuin)がシェアした投稿


ちなみに気になる箱根駅伝の区間エントリーは(12月29日発表の段階)

1区   橋詰大慧 4年
2区   梶谷瑠哉  4年
3区   湯原慶吾  1年
4区   岩見秀哉  2年
5区   竹石尚人  3年
6区   小野田勇次 4年
7区   林奎介   4年
8区   山田滉介  4年
9区   吉田圭太  2年
10区 吉田祐也  3年

補欠 森田歩希   4年

ああ、やはり補欠。

 

まあ怪我ならば仕方ないと思っていたのですが…

 

ところが・・・

このことについて元陸上競技選手で箱根駅伝に詳しく、現在はランニングアドバイザーを務める神屋伸行氏は少し違った展開を示します。

 

スポンサーリンク

森田歩希(もりたほまれ/青学)箱根駅伝2019で本当に走らないのか?


神屋伸行氏は今回の場合、オーダーを隠している部分がかなりあると話されています。
sp;

以下、神屋伸行氏の話を紹介させてもらいます。

みんなが「2区は森田選手」だという空気の中で梶谷選手を投入してきました。だとしたら、森田選手はどこを走るのだろうかと。3区かなとは思いつつも、これで8区に来たとしたら、6区小野田選手、7区林(奎介)選手、8区森田選手となって、この3区間はとんでもないなという裏読みができなくもありません。

これは原(晋)監督らしいというか、エース区間なので2区は当然森田選手とみんなが思っているところで、戦略的に駒をどう置くか。チームの適材適所として考えた時に、確かに森田選手を3区に持ってくると、1区の橋詰(大慧)選手、2区の梶谷選手をすごく生かせるような気がするんです。「そういう手があったか!」という感じがあります。

極端なことを言えば、(3区へのたすき渡しに)最上位で来なくても済むということになります。2区に森田選手を使うならトップ、ないしは3番目くらいまでに来ないといけない。東海大は今回、2区に湯澤選手、3区に西川(雄一朗)選手をエントリーしました。1、2、3区と仕掛けて西川選手で抜け出したいと思っている意図を、3区に森田選手を置くことでくじく感じになるのではないかと思います。

駒澤大で言えば、1区は片西(景)選手が濃厚かなと思うのですが、1区片西選手、2区に山下(一貴)選手と並べて4区に加藤(淳)選手を置いているとなると、3区は誰になるか。現在登録されている中村大聖選手は多分、外さないと思うのですが、一番隙(すき)になっているところに青山学院大が森田選手をぶつけてくると、駒澤大としても「うわ!」という感じはあると思います。

そういった部分で、青山学院大は自分たちらしいオーダーを組んだと思います。そして、森田選手が2区という常識的なセオリー通りではなくて、自分のチームがやりやすいように組んだ結果、森田選手が3区に来るとしたら、他のチームからすれば「情報戦でまた一歩先手を打たれた」というような気持ちになるのではないかなと思いますね。   引用:スポーツナビより

 

???。え~どういうこと。と最初思ったのですが・・・。

 

私も最初、補欠の理由ばかり気にして忘れていたのですが、この区間エントリーは当日に入れ替えできるんですよね。

ようは補欠にさえ登録しておけば、当日に区間にエントリーされている方と入れ替えることは可能だというルールです。

逆に言えば、補欠であるからこそどこの区間にでも入れようと思えば入れられるわけです。

 

すると逆に3区だけが1年生の湯原慶吾がフェイクの可能性もあって、実は森田歩希(もりたほまれ)さんが3区に走ることになったとしても最後の最後までわからないようにしている訳なので1区の橋詰大慧さんや2区の梶谷瑠哉さんも生かしていけるというのが原晋監督の狙いだったと…。

 

すごい・・まさに心理戦。

箱根駅伝の戦いはすでに始まっている訳だということなんですよね。
原監督・・・↓。

 

View this post on Instagram

 

ゆうちゃんさん(@yuchan0925)がシェアした投稿

森田歩希(もりたほまれ/青学)箱根駅伝2019補欠の理由は?当日何区走るのか?まとめ

 

View this post on Instagram

 

@______960903がシェアした投稿

・・・・・。

箱根駅伝2019当日、

森田歩希(もりたほまれ)さんは3区にエントリーが発表がありました。

 

やはり森田歩希(もりたほまれ)さんは箱根で走りました。

 

青山学院大学の作戦かそれとも本当に調子悪く、大変な2区を回避して当日様子を見て3区にエントリーしたのか実際の所はわかりませんが・・・。

 

でもそんなことどうでもいいのかもしれません。

 

森田歩希(もりたほまれ)さんは最後の箱根で走るのです。

 

往路と復路の2日間にわたる10名のチーム戦で、プラス補欠選手も含めて、全体で勝利を勝ち取るのが駅伝です。

 

今回森田歩希(もりたほまれ)さんは今この瞬間の3区の走者としてに必要であり、最良だと判断され3区を任されただけ、そして結果を残しました。


3区区間新記録達成です。

さすがです・・。

すばらしい・・です。

 

結果を出し、次の4区の走者にタスキをわたしました。

お疲れさまでした。

森田歩希(もりたほまれ)さん、やはりすごいランナーでした。

 

関連記事

⇒【【箱根駅伝2019往路】観戦ポイントや見どころは?応援場所の穴場も

⇒【箱根駅伝2019復路】観戦ポイントや見どころは?応援場所の穴場も