「他人のせい」vs「自分のせい」 !!自分の心をどう守っていくのか?

あなたは「あれはあいつが悪いんだ!」とか

「あの人があんなことしなければ問題なかったのに・・」

このような経験何度かあるのではないでしょうか?

「他人のせい」にしてみると

人は自分を守る為に自分のことを悪くないと思い、生きています。

自分が悪いと思って生きていたら重苦しくなり

何もできなくなるので生態的に防御しようとしています。

 

あれやこれやと理屈をつければ

非の部分(ちょっとでも間違っている部分)も見つかり

それを根拠にすることは簡単です。

 

こういった「他人のせい」にした時は

その時の状況にもよるのでしょうが

もともと自分を守る為に行う行為なので

心は安心な状態がうまれ、楽な気持ちになるのだと思います。

「人のせい」にしてみると

一方「いやいやあれは私が悪いんだ!(断定)」とか

「私があんなことしなければ問題なかったのに・・」

このようにあなたが自分のせいだと認めて今の状況を受け止めたらどうでしょう?

 

受け止めようとしながらも自分を責めてしまうそんな状況になるのであれば

心は決して良い状態とは言えません。

自分が悪いと思ってしまうので重苦しくなり

心は不安な状態がうまれ、つらい気持ちになるのだと思います。

 

それならば「他人のせい」にしてしまった方がいいに決まっている!

~とすぐに結論を出すのは早すぎます。

 

「他人のせい」にする人をあなたは仲良くなりたいと思いますか?

 

いつ自分を裏切るかもしれない。

今は仲良く楽しい時間を共有していたとしても

何か自分にとって不利益なことが起こると

平気であなたのせいにして逃げるように思いませんか。

 

逆にそんなに悪くないのに「自分のせい」に受け止めて対応する人は

この人なら大丈夫と信用できませんか。

もしあなたに不利益が起こりそうな時でも相談でき

一緒になって考えてくれるように思いませんか?

 

だったらここは人として「自分のせい」にした方が

他人との良好な関係を保てるのでいい~とこれもそうとも言えません。

 

「自分のせい」にすることで

心はそれなりの重荷を背負うことになります。

無理して自己犠牲的に「自分のせい」にすることは大きなリスクになります。

 

特についつい自分を責める習慣のある人には

「あれはあなたのせいではない、あの人が悪いんだよ~」と意識を切り替えることにより

心の重荷を解消させる手段として「他人のせい」にするのは有効であり

必要なことなのです。

 

「他人のせい」にすることで、自分を守ることは実はそれだけでメリットはあります。

 

「他人のせい」と「人のせい」のメリットとデメリット

だから一概には言えないのでしょうが

「100%他人のせい」「100%自分のせい」にするという極端な考え方は横に置いといて

まずは「他人のせい」「自分のせい」のメリット、デメリットを

再度、検討してみたいと思います。

 

「他人のせい」は自分の心は安心します。

でもそれは一時的であり

他人も自分から離れるかもしれない。

 

「自分のせい」は自分の心は不安になります。

でも長い目で見て自分の心の鍛錬になるかもしれません。

他人と良好な関係を築けるかもしれない。

 

「他人のせい」vs「自分のせい」結論は…

このように考えると

少し先の未来の自分の為には

「自分のせい」と受け止められる考え方が良いようにも思います。

 

心の不安は自分の感情に比例します。

自分の感情がある程度コントロールすることができれば

心の不安を大きなデメリットとして考えることもないかもしれません。

 

この感情のコントロールはある程度慣れること。

まさに日々の心の鍛錬によりできるようになります。

 

「自分のせい」は最初は不安を感じていた自分も

やがては慣れて心も以前よりは乱されなくなるようになり、心は強くなります。

 

逆にいつまでも「他人のせい」にして

心を過保護に守り続けていれば、心はより弱いものになります。

 

ただ「自分のせい」をおおいに勧めるつもりではありません。

いくら心が強くなるといっても今の負担は大きく

しっかりとした心のサポートは必要です。

 

そう考えると

「他人のせいだけでなく、自分のせいでもあるかな」

と折衷的な考え方に心が落ち着けばいいのかもしれません。

 

さて今回「他人のせい」「自分のせい」を考えてきましたが

実はいい悪いではなく、生きていくために必要な自分の心をどう守っていくのか

その考え方の違いであることに気付きました。

 

今だけを守るのか。でも将来は…。

それとも将来を考えて守っていくのか。でも今は…。

どちらにしても自分の心としっかり向き合い生きていきたいものです。

 

 

 

スポンサーリンク