願い事はあなたならではの幸せの形!幸せになる為の願い事の見つけ方を紹介

あなたには何か願い事がありますか?

今すぐに願い事を100個言えますか?

 

今の自分には遙か遠い夢のような願い事から…。

ささやかで平凡な願い事まで…。

 

人はどんな願いでも叶ったらとてもうれしくて心が満たされた気分になります。

人は時に日常の忙しさに紛れて消えてしまいそうになる願い事。

自分には叶わないと自分の心の中で消えてしまう願い事。

 

人の願いというのはいつも突然現れては

いつしか気が付くと消えてしまうもの・・・。

もしあなたがそう考えるのであればちょっとさみしくないですか?

 

願い事はあなたならではの幸せの形

願い事というものは

あなたがあなたならではの幸せを形として

心の奥から湧き上ってくるのが願い事の本質なのです。

 

日々の生活の中で“楽しい”と感じ

どんな瞬間に“幸せ”だと思うのかを感じたり

もっとこんな自分でありたい、あり続けたいと思った時

 

ふとした時に浮かんでくる願い事に

あなたを幸せにするヒントがあったりします。

つまり願い事=あなたならではの幸せのヒントなのです。

 

さて、そんな願い事あなたはありますか?

今すぐ願い事100個言えますか?

 

・・と言いながら、実は私自身

願い事をすぐに言える人ではありませんでした。

試行錯誤を繰り返し、

自分なりのやり方で今はいっぱい願い事を見つけられるようになりました。

 

願い事をいっぱい見つける方法

私が実践している“願い事をいっぱい見つけることができる方法”を紹介したいと思います。

 

①願いを叶える=大きな変化をイメージしない

願い事は幸せのヒントだからと言っても何か大きな変化をイメージしなくても構いません。

むしろ大きな変化を期待して願い事を考えようとすると

なかなか願い事は浮かんでこないものです。

 

本来ならば日常生活の中で何気なく

“ああしたい”、“こうなりたい”と自然に浮かんでくるものです。

 

そこでは大きな変化というよりも身近な小さな変化をイメージしていると思います。

小さな変化の積み重なりが

実は自分らしいあなたならではの「幸せ」のヒントが見えてくるのです。

 

②何気ない日常の中で、叶ったことをメモしていく

日々の日常の中で

小さな変化(願い事)をイメージできたら、まずはメモして書き留めます。

このように叶ったこともメモする習慣を身につけるようにしてください。

 

やがては小さな変化(願い事)や叶ったことでなくても構いません。

ふと叶ったと思ったことをメモで書くようにします。

すると以前メモしたことが後から見たら叶っていることにも気付きます。

願い事を意識できるようになれば、こういうことが起こるのです。

 

自分が意識していたものが叶うことだけでもうれしいことですが

意識していなかったこともふと叶っていると思うとさらにうれしく感じるものです。

さらに願い事を感じ取る感度が増してくると思います。

③願い事は3つのキーワードで考えてみる

願い事は見つける時に3つのキーワードを使って見つけやすくしてみます。

1)欲しいもの

まずは日常生活の中で欲しいと感じたものを探す。

それでも欲しいものが出てこない場合は

家電・洋服・アクセサリー・本・映画(DVD)・家具・化粧品等

あらかじめキーワードを書いておいて、そのキーワードをみて考えてみる。

2)やりたいこと、やってみたいこと

まずは場所、イベント、スポーツ、習い事、食べ物等、適当なキーワードを決めます。

やりたいことについては、前に「もう一度」をつけて考えてみてください。

 

例えば「もう一度(場 所)行ってみたい」、「もう一度(習い事)教わりたい」等

こうして過去を思い出し、またやりたいと気持ちが高まります。

 

やってみたいことについては、未体験のことです。

前に「一度は」後ろに「できたらうれしいなあ」をつけて考えてみてください。

 

例えば「一度は(イベント)いきたいなあ」、「(食べ物)食べれたらうれしいなあ」等

したことないことも、言葉をつけることで自分の本当のしたいことが見えてきます。

3)誰かの幸せにする為のもの

具体的に自分以外の相手を書き出してみましょう。

父親、母親、兄、姉、弟、妹、友だち(○○君、○○さん)等

 

その相手はどうすれば喜んで幸せな気分になるのかを考えてみましょう。

自分のとってどうだとか、相手は実際はどうだとかは考えなくて構いません。

自分の直感で、相手が喜ぶ姿を思い描いてみればいいと思います。

 

どうでしょうか?

試しに実践してもらえると、願い事がいっぱい出てきて驚くことだと思います。

 

なお、できれば願い事を意識するという意味で

日ごろから手帳とかにどんどんメモをしていく習慣をつけることをお薦めします。

最初は面倒に思うかもしれませんが、慣れてくると楽しく実践できるようになると思います。

 

日々願い事を探しを実践し、

あなたらしい「幸せ」のヒントを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク